お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
大昌行集団有限公司(ダー・チョン・ホン・ホールディングス)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

大昌行集団有限公司(ダー・チョン・ホン・ホールディングス)

2013/2/28
大昌行集団の2012年12月本決算は、売上高が前年比4.1%増の480億1400万HKドル、純利益が同21.0%減の10億4500万HKドル。
facebook twitter 印刷する

12年12月本決算は21%減益、日系ブランド車の販売不振で主力の自動車部門が低迷

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
01828 大昌行集団有限公司(ダー・チョン・ホン・ホールディングス)  7.96 HKD
(02/28現在)
 株価
 企業情報
 チャート

大昌行集団の2012年12月本決算は、売上高が前年比4.1%増の480億1400万HKドル、純利益が同21.0%減の10億4500万HKドル。EPSは0.57HKドルと市場予想を下回った。自動車、食品、物流の各部門はそれぞれ3.8%、5.6%、18.7%増収を達成したものの、12年上期の20%近い2ケタ成長に比べると減速。部門利益は食品・消費材部門が前年比27%増と健闘したが、主力の自動車部門が同30.8%減に落ち込んだ。新車販売の利ざや縮小のほか、財務コストの増加、投資不動産の再評価益減少も利益を押し下げた。

12年の国内新車販売台数は前年比5.2%減の8万1000台と、業界平均の4.3%増を下回った。9月以降、尖閣問題を受けた日系ブランド車の販売不振が影響し、自動車部門の国内売上高は12年上期の前年同期比25%増から、下期は同12.2%減に一転。69の4S特約店(新車販売、アフターサービス、部品供給、顧客情報管理の4つの機能を持つ販売店)のうちおよそ半数が日系ブランド・ディーラーで、BOCIの試算では同社の自動車販売の約60%を日系ブランドが占めている。また、値引きやプロモーションにより新車の利益率が大幅に縮小した上、在庫の増加で財務コストもかさみ、利益率は前年の3.1%から2.0%に縮小。国内部門の純利益は前年比34.5%減に落ち込んだ。さらに、12年は国内特約店の新設は、当初目標の年間10-15店を大幅に下回る4店にとどまった。経営陣は今年、15店のオープンと不採算の4店舗閉鎖を計画している。

香港・マカオでの12年新車販売台数は前年比1.6%減の1万800台だった。一方、業界平均は2.7%増。同社の香港市場でのシェアは11年の21.0%から19.4%に縮小した。新モデル投入の遅れと円高が悪影響し、同地域の純利益は前年を9.4%下回った。

食品・消費材部門の売上高は前年比5.6%増。中でも香港・マカオ市場が9.5%増と好調だった。部門利益は前年比27%増の2億700万HKドル。香港・マカオ市場が30.1%増と牽引した。特に食品加工と日用品事業が好調だった。

13年は新車販売台数の回復および粗利益の改善が見込まれる。ただ、日系ブランドの状況は不透明な上、業績不振のベントレー販売店の赤字が利益に影響する見通し。BOCIは同社の13-14年予想EPSをそれぞれ0.56HKドル、0.69HKドルに下方修正。株価は現在、13年予想PER14倍の水準にあるが、BOCIは魅力が薄いとみて、投資判断を中立に据え置いている。目標株価については13年予想PER13倍の7.30HKドルに若干引き上げた。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください大昌行集団有限公司(ダー・チョン・ホン・ホールディングス)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

大昌行集団有限公司(ダー・チョン・ホン・ホールディングス)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。