facebook twitter
【FXデイリーチャート3月2日】米経済指標の弱さも、ユーロ圏より良好さを好感のドル買いに
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

【FXデイリーチャート3月2日】米経済指標の弱さも、ユーロ圏より良好さを好感のドル買いに

2012/3/2
経済、金融、投資分野の著名な方々から提供いただいたレポートや、当社独自のレポートを無料で公開。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

昨日までの動向

3月 1日 米ドル/円:[始値] 81.147[高値] 81.385[安値] 80.832[終値] 81.102 ※数値はBID値です。

3月1日米ドル/円は、陰線引けとなりました。
東京時間は朝方に発表されました、中国PM指数が市場予想を上回り、AUD買いや円売りの展開となりましたが、81.40アッパーの実需筋の売りやクロス円の売りにおさえられ、一時80.832レベルまで下落しました。しかし、依然として短期筋のファンドは81円割れは積極的に買ってくるようで、また80.80レベルにはエネルギー関連の輸入筋の買いもありサポートされる形となりました。

欧米市場では、注目されていました国際スワップデリバティブ協会(ISDA)では、ギリシャ債CDSで決済は起こらないと発表されたことで、債務交換プログラムが信用事由に当たらないことが確認されたことや、雇用関連の指標の好感を受けて、ドル買い戻し基調となり、EUR/USDは1.32814レベルまで下落し、米ドル/円も81円前半レベルまで上昇するも、クロス円の売りにおさえられ、戻りも限定的となり、81.102レベルでクローズしました。

米ドル/円 直近の値動きと主なイベント

東京市場概況

【米ドル/円】
81.50レベルからの実需の売り、80.80レベルの短期ヘッジファンドの買いでレンジで推移しました。

欧米市場概況

【米ドル/円】
ISDAでの発表や米雇用関連の指標の好結果を受け、USD買い基調になり、米ドル/円も上昇するもクロス円での売りに阻まれ上値の重い展開となりました。

【ユーロ/円】
ユーロ/円は、陰線引けとなりました。
ISDAでの発表を受け、前日のバーナンキFRB議長議会証言でのQE3の思惑後退を受けた、ドル買いが再認識され、EUR/USDは1.32814まで下落し、ユーロ/円も107.70アラウンドまで下落しました。その後も108円台を挟んだ動きで推移し、107.950レベルでクローズ。

【豪ドル/円】
豪ドル/円は、陽線引けとなりました。
中国PMIの好結果を受けまして、AUD買いになるものの、米ドル/円、ユーロ/円の下落につられ、豪ドル/円86.855レベルまで下落、しかし、原油の上昇を受け再度AUD買いに傾斜し、87.701まで上昇しほぼ高値圏の87.655でクローズ。

本日の展望

【米ドル/円】円安基調は変わらず

フィボナッチリトレースメントで見ますと、前回の高値81.681レベルは昨年4月6日の高値から10月31日の安値からのほぼ2/3戻しレベルであるため、そこがキーポイントとなりそうです。下値は80.50アンダーはエネルギー関連の輸入筋からの買いが入ってきており、限定的と思われます。
予想レンジ80.50-81.95

米ドル/円 日足チャート

【ユーロ/円】M&A絡みの噂で

日本の飲料会社による東欧のビール会社買収の噂で、108.35アラウンドまで上昇。しかし、依然LTRO、ギリシャCDS不安も残っており、市場では積極的な買いにつながり辛いと言われています。

ユーロ/円 日足チャート

【豪ドル/円】高金利に妙味

株高や、原油の上昇を背景に豪ドルは安定的に推移、また、高金利妙味もあり積極的な展開となっています。
しかし急激に上昇を続けている原油の下落や、3月6日にRBAによる政策金利の発表もあり、多少の調整が入る可能性もあると思われます。

豪ドル/円 日足チャート

ユーロ/ドル 週足チャート ・日足チャート

本日の主な指標

<欧米市場>
重要な経済指標の発表はありません。

 

参考 一目均衡表の見方については下記をご参照ください。
楽天FXビギナーズガイド

当レポート掲載時間:当日13時頃~翌日正午12時頃まで、当日最新版は13時頃に更新いたします。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください【FXデイリーチャート3月2日】米経済指標の弱さも、ユーロ圏より良好さを好感のドル買いに

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

【FXデイリーチャート3月2日】米経済指標の弱さも、ユーロ圏より良好さを好感のドル買いに

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。