お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
【FXデイリーチャート2月13日】リスクの板ばさみで終始小動き
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

【FXデイリーチャート2月13日】リスクの板ばさみで終始小動き

2012/2/13
経済、金融、投資分野の著名な方々から提供いただいたレポートや、当社独自のレポートを無料で公開。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

【米ドル/円】リスクの板ばさみで終始小動き

昨日までの動向

2月 10日 米ドル/円:[始値] 77.649[高値] 77.795[安値] 77.507[終値] 77.649 ※数値はBID値です。

2月10日米ドル/円は、ほぼ駒足陽線引けとなりました。
東京市場では、77.60レベルを挟んで終始小動きに展開しました。

欧米市場では、ギリシャの連立与党の一角が第二次支援条件の受け入れ拒否のニュースが伝わると、EURが全面安の展開になり、リスクオフのドル売りとEUR売りに伴う米ドル買戻しの板ばさみで米ドル/円は動きづらい展開となりました。終始小動きのまま77.649レベルで引けました。

米ドル/円 直近の値動きと主なイベント

東京市場概況

【米ドル/円】
5.10日による、米ドル買い需要で77.742レベルまで上昇後、上値を追う展開も無く終始小動きに展開しました。

欧米市場概況

【米ドル/円】
米国序盤、ギリシャ連立与党の一角が第二次支援条件受入れ拒否の姿勢を示したとのニュースに、EUR売りに拍車がかかり、EUR/USDの売りに伴う米ドル買いで77.795レベルまで上昇しましたが、クロス円の売りに阻まれ、上値を追えない展開となりました。

【ユーロ/円】
ユーロ/円は、陰線引けとなりました。
ギリシャ連立与党の一角が第二次支援条件受入れ拒否の姿勢を示したとのニュースでEUR全面安の展開となりました。
103円台で推移していたユーロ/円は、102.141まで下落し、その後はやや買い戻され102.453レベルで引けました。

【豪ドル/円】
豪ドル/円は、陰線引けとなりました。
10日の日本時間9時30分に発表されました、RBA四半期金融政策声明におきまして、金利は据置きするものの、景気が大幅に悪化した場合はその限りではないとの事や、中国1月輸出入統計で輸入が市場予想を大幅に下回った事で豪ドル/円は83円台を割り込みました。また、欧州時間にはギリシャのニュースでもクロス円の売りに連られる形となり、82.643レベルまで下落しました。その後は米株価が安定的に推移したこともあり、82.882レベルで引けました。

本日の展望

【米ドル/円】GDP発表

本日8時50分に発表されました、日本の4Q実質GDPが発表され、市場予想を下回る数字に、米系の短期筋から米ドル/買いが入り、77.770レベルまで上昇しましたが、77.80~78.00レベルには売りオーダーが並んでいる模様で現状攻めきれずにいます。
トレンドは下げづらい展開だと思います。

米ドル/円 日足チャート

【ユーロ/円】ギリシャ議会法案可決

先週末と一転しギリシャ議会が緊縮財政策法案を可決したことを受け、EURは上昇し、ユーロ/円は102.392レベルから、102.919レベルまで上昇しました。103円台では売り遅れていました。実需筋がオーダーを並べている模様で上値は重い展開ですが、10日発表されました、IMM通貨先物の取組みでEURは依然ショートポジションが膨れており、一定の買戻し余地は残っているとの見方もあります。

ユーロ/円 日足チャート

【豪ドル/円】RBA声明

朝方のクロス円の買いに連れられ、83円台に戻して取引中。マーケットでは実質GDPが-2.3%となり、クロス円は日銀による追加金融緩和策を講じるのではとの思惑もあり、上昇の余地を残しているとの見方もあります。

豪ドル/円 日足チャート

ユーロ/ドル 週足チャート ・日足チャート

本日の主な指標

<欧米市場>
特になし

※注目度は☆☆☆が高 ☆☆は中を示します。

 

参考 一目均衡表の見方については下記をご参照ください。
楽天FXビギナーズガイド

当レポート掲載時間:当日13時頃~翌日正午12時頃まで、当日最新版は13時頃に更新いたします。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください【FXデイリーチャート2月13日】リスクの板ばさみで終始小動き

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

【FXデイリーチャート2月13日】リスクの板ばさみで終始小動き

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。