※本記事は2020年4月3日に公開したものです。 

 資産形成の正解は人それぞれですが、一方で、多くの人が失敗してしまう考え方や、やり方があるようです。このシリーズでは、資産形成を始める人が陥りがちな失敗事例を取り上げ、やってはいけない行動をわかりやすく解説します。

お悩み

将来のために積み上げた資産。コロナ・ショックで3割失う

米川肇さん(仮名)会社員・47歳

 米川さんは投資を始めてちょうど1年が経ちました。転職のため、20年以上勤めていた前職場の持株会の株式を売却。この売却益を預けた金融機関から資産運用を勧められたことが、投資を始めたきっかけでした。まだまだ現役。そして、住宅ローンや子どもの教育費は給料でまかなえていたので、将来を考えて資産運用をスタートすべく、余った資金で勧められるまま、投資信託をいくつか購入しました。

「大きなリターンは期待していませんでしたが、定期預金の金利はごくわずか。それなら、いま使わないお金ですし、波があっても世界経済は拡大していくはずだと思い、世界の株式に分散投資できる投資信託で資産運用をすることにしたんです」という米川さん。

 その後は順調に資産が増えていて安心していたところに、コロナ・ショックが襲いました。

「しばらく様子見ですね。でも、このままでは将来の予定が変わってしまいます…」と話す米川さんの資産はあっという間に3割近く目減り。もう見たくないといった様子。

 しかし、長期投資とはいえ、「そのまま放置」で良いのでしょうか?

相場暴落!戻りを待つそのとき、そのまま放置は正解?それとも…

 相場が大きく下落し、大切な資産が減ることは言葉以上に心理的につらいものがあります。しかし、売却してしまうと損失が確定するため、「ひとまず様子見」という方をよくお見受けします。

 しかし、昔から塩漬け(*)という言葉があるように、やむを得ず資産を眠らせて、結局そのままになってしまうケースが多々あります。

*塩漬け:現在の価格が買値よりも大きく下がり、売ると損失が確定してしまうので、そのまま長期保有している株式で、特に近い将来も上がりそうにない銘柄を持っていること

 昔から株式投資では、「見切り千両、損切り万両」という格言があるくらい、相場が下がったときに損切りするタイミングは重要といわれています。上昇の見込みもない資産を保有することは、運用の効率としてもよくありません。運用の目的や期間に合わせて「そのまま保有し続ける」のか、「売却して見直す」のか、しっかり検討しましょう。