お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
ファニー・フレディー問題(3)~日本政府は保有しているのですか?
堀古 英司
ウォール街から~米国株の魅力~
ニューヨークのヘッジファンド運用マネジャーである堀古英司氏による週刊レポート。単なる分析にとどまらず、出来るだけ「裏を読む」という観点で米国経済、市場についてお伝えするコーナーで…

ファニー・フレディー問題(3)~日本政府は保有しているのですか?

2008/7/24
ニューヨークのヘッジファンド運用マネジャーとして活躍する堀古英司氏による米国市場レポート「ウォール街から~米国株の魅力~」。お客様の投資のヒントにお役立てください。
facebook twitter メールで送る 印刷

先週ロイターで、日本の金融機関が保有している米GSE関連債券の保有残高合計が4.7兆円と報じられ、日本の株式相場が大きく下落する場面がありました。このような情報は投資家にとって決して嬉しいニュースではありません。しかし私もファンドマネジャーをやっていて感じるのは、投資というのは大きな利益を生む投資も、失敗する投資もあって、全体では中長期的に利益を生んでいくというのが普通の姿です。また頭が良い人が運用していれば失敗しないというような、簡単なものでもありません。失敗した投資だけを取り上げて、それを責めるのはフェアではないと思います。重要なのは、投資家にとって嬉しくない情報でも、このようにきっちり誠実に開示する姿勢です。その意味で、嬉しくない情報とはいえ、保有残高がきっちり開示されているのであれば、その姿勢は評価すべきだと思います。

私が今一番気になっているのは、日本政府が外貨準備の運用の中で、この米GSE関連債券を保有しているのかしていないのか、また保有しているのならいくらかという事です。ご存知の通り、日本政府は外貨準備の運用先明細を明らかにしていません。しかし金融市場では日本政府が米GSE関連債券を保有しているというのはほぼ周知の事実になっています。また政府系住宅金融機関の一社、フレディーマックの最新の資料によれば、地域別では債券の36%はアジアの投資家が保有しており、投資家のタイプ別では42%が政府・中央銀行となっています。このような客観的事実をつぶしていくと、日本政府が保有している可能性は高い、という結論に到達してしまいます。

もちろん、私は日本政府が米GSE関連債券を保有しているかどうかの確認はできませんし、皆さんも同じ状態だと思います。しかし、もし保有していた場合、皆さんの大切な資産である外貨準備が毀損するかもしれないという、重大な事態です。しかも外貨準備の総額は100兆円を超える巨大な金額です。外為特別会計からの繰り入れがなくなれば、すでに火の車の財政が更に悪化する事も考えられます。血税を納めている国民として、保有しているなら保有している、保有していないなら保有していない、くらいは知る権利はあるのではないでしょうか。

これだけ情報の開示が進んでいる世の中で、100兆円にも及ぶ皆さんの大切な資産、外貨準備が秘密裏に運用されているのは不思議です。仮に、すでに米GSE関連債券を保有してしまっているのなら仕方ありません。投資というのは頭が良い人が運用したら失敗しないというような、簡単なものではないからです。そしてこれまでの開示しない、という慣習・システムに問題があったと考えるしかないでしょう。しかし今後については、少なくとも保有している、していないさえ分かれば国民の中で議論が進み、将来同じような問題が起こるのを防げるのではないでしょうか。後になって「実は保有していた」と判明するほど最悪の事態はないと思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいファニー・フレディー問題(3)~日本政府は保有しているのですか?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ファニー・フレディー問題(3)~日本政府は保有しているのですか?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。