facebook twitter
ドル/円しっかり。114円台上抜けを狙う位置をキープ
荒地 潤
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

ドル/円しっかり。114円台上抜けを狙う位置をキープ

2017/10/25
・ドル/円:減税プラン反対とFRB議長決定の噂で、売り買い交錯
・ポンド/ドル:今日、英GBPの発表
・ドル/カナダ:潮目が変わった
・NZドル/ドル:新政権の不透明感が嫌われる
・英GDP、カナダ政策金利、米耐久財受注
facebook twitter メールで送る 印刷

前日(10月24日)の市場概況

ドル/円:減税プラン反対とFRB議長決定の噂で、売り買い交錯

 ドル/円は、113円台後半で堅調。この日の安値は東京時間につけた113.25円で、そこから徐々に値を上げ、NY時間には一時114.01円まで上昇しました。米長期金利が5月以来の水準まで強含んだことや、米企業の好決算を受けてダウ平均株価が大幅上昇したことが、ドルを持ち上げました。

 また、NY市場の終盤には、トランプ大統領の税制プランに共和党上議員の3名が反対しているとの報道と、次期FRB(米連邦準備制度理事会)議長がタカ派のテイラー氏に決定とのニュースがほぼ同時に伝わり、113円台後半で上下する場面もありました。ドル/円の終値は113.932円(前日比+0.504円)。(チャート1)

 

 

ポンド/ドル:今日、英GBPの発表

 ブレグジット交渉が相変わらず難航していることを嫌気して、またも1.3230ドル手前で止められると、NY時間に1.3113ドルまで売られました。(チャート2)

 本日は、英国の7~9月期GDP(国内総生産)の発表があります。予想は、前期比+0.3%、前年同期比+1.5%と堅調。ただし、英国の経済成長は今後次第に鈍化して、来年は+0.7%まで縮小するのとの悲観論も一部に出ています。

 このような状況で、BOE(英国中央銀行)が11月に利上げを実施することに対しては、消費活動を後退させるおそれもあり、内部からも反対意見が出ています。カンリフBOE副総裁は、「経済は明らかに鈍化している」と述べ、利上げには消極的。

 

 

ドル/カナダ:潮目が変わった

 ドル/カナダは、先週の1.2450ドルからこの日1.2692ドルまで、約240ポイントもドル高/加ドル安が進みました。カナダ売りの動きが強まっています。

 BOC(カナダ中央銀行)は、本日の会合で政策金利を1.00%に据え置く予想。BOCは今年7月と9月にそれぞれ0.25ポイント利上げしていますが、ポロズBOC銀行総裁は、今後の利上げに関しては、「経済データ次第」だと述べています。残念ながら、その経済データは、先週のカナダ消費者物価指数が予想より低く、小売売上高はマイナスに落ち込みました。

 カナダドルの水準は、利上げ期待を織り込み過ぎているとの考えで、カナダドル売り方向の調整が活発化しています。

 

 

NZドル/ドル:新政権の不透明感が嫌われる

 NZドル/ドルは下落が加速。東京時間に0.7002まで上昇したものの、この水準の重さを確認すると下げに転じ、ついに0.6900ドルを割ると5月19日以来の安値0.6884ドルをつけました。

 NZドルが売られている大きな理由は、労働党主導の新政権の政策が不透明なこと。RBNZ(ニュージーランド準備銀行)に対して、雇用の最大化を新たなマンデート(法的使命)として要求するとの噂もあります。

 

 

この指標を見逃すな!今日(10月25日)の注目イベント

英GDP、カナダ政策金利、米耐久財受注

 

 米9月耐久消費財受注は、米国の第3四半期GDPを予想するうえで重要なデータです。9月は、ハリケーンの影響で低下の予想。先週の鉱工業生産が弱かっただけに、注目が集まります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいドル/円しっかり。114円台上抜けを狙う位置をキープ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ドル/円しっかり。114円台上抜けを狙う位置をキープ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。