お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
円のショート枚数増加は3週連続。10万枚の大台に戻す。最新IMMレポート分析
荒地 潤
デイリー為替情報
当情報では、ブレークアウトシグナル、パワーインジケーターなどトレードに役立つ指標を駆使して、各国の通貨の動向やトレンドの動向をお客様に配信しています。各通貨の動きに注目することで…

円のショート枚数増加は3週連続。10万枚の大台に戻す。最新IMMレポート分析

2017/10/19
・円:円のネットショートは3週連続で増加。前週比約2割増える
・ユーロ:ユーロのネットロングも、3週連続増加
・豪ドル:豪ドルのネットロング減る。買い建玉が縮小
・ポンド:ネットロングが縮小。売り建玉の処分が一段落
facebook twitter 印刷する

IMMポジション推移(09/19 ~ 10/10)

 

円:円のネットショートは3週連続で増加。前週比約2割増える

 CFTC(全米先物取引委員会、Commodity Futures Trading Commission)発表による10月10日現在の建玉報告によると、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)通貨先物市場において、投機筋の円のネット枚数(円の買い建玉と売り建玉の差)は、10万1,419枚のショートで、円の売り持ち残高が多い状況です。ドル換算にすると、約11億ドル相当のドル買い持ち(円の売り持ち)になります。円のネットショート枚数は、前週比で19.8%(約18億ドル)増加。

売買別では、買い建玉(円ロング)が前週比約12.1%縮小。一方売り建玉(円ショート)は前週比約6.7%増加。円ロングの処分が進むと同時に、新規の円ショートも増えています。ドル円が一時113円台まで上昇して、円の先安観が強まったことを示す動きといえます。

IMM円  2015.10 ~ 2017.10

 

ユーロ:ユーロのネットロングも、3週連続増加。

 

  • ユーロのネット枚数(ユーロの買い建玉と売り建玉の差)は9万8,079枚のロングで、ユーロの買い持ちが多い状況が続いています。
  • ユーロ換算にすると、約122億ユーロの買い持ち(=約144億米ドルの売り持ち)。
  • ネットロング枚数は、前週比で8.0%増加しました。
  • 売買別では、買い建玉が前週比4.7%増え、売り建玉も1.6%増えました。
  • 欧州ではカタルーニャ分離独立問題が起き、ドイツでは依然として連立政権の組閣に手間取っています。一方でECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁は依然として量的緩和の解除に慎重。利上げへ向かうドルと見比べると、ユーロに優位性はあるように思えませんが、ユーロのロング枚数は増え続けています。

IMMユーロ  2015.10 ~ 2017.10

 

豪ドル:豪ドルのネットロング減る。買い建玉が縮小

 

  • 豪ドルのネット枚数(豪ドルの買い建玉と売り建玉の差)は6万9,182枚のロングで、豪ドルの買い持ちが多い状況が続いています。
  • 豪ドル換算にすると、約69億豪ドルの買い持ち(=約54億米ドルの売り持ち)。
  • ネットロング枚数は、前週比3.7%縮小ました。
  • 売買別では、買い建玉が前週比4.9%減る一方、売り建玉も前週比8.1%減りました。

IMM豪ドル  2015.10 ~ 2017.10

 

 ポンド:ネットロングが縮小。売り建玉の処分が一段落

  • ポンドのネット枚数(買い建玉と売り建玉の差)は、1万5,508枚のロングで、ポンドの買い持ちが多い状況。
  • ポンド換算にすると、約9億ポンドの買い持ち(=約12億米ドルの売り持ち)。
  • ポンドのネットロング枚数は、前週比で22.3%縮小。売買別では、買い建玉が前週比0.9%減ったのに対して、売り建玉は前週比6.2%増えました。売り建玉はピーク時の半分以下にまで減りましたが、いったん小休止が入った模様。一方で、買い持ちを積み増すことには依然として慎重な様子で、ネットではロング枚数が減る結果となりました。

IMMポンド  2015.10 ~ 2017.10

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください円のショート枚数増加は3週連続。10万枚の大台に戻す。最新IMMレポート分析

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

円のショート枚数増加は3週連続。10万枚の大台に戻す。最新IMMレポート分析

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。