※このインタビューは2020年3月7日に実施し、2020年3月27日に初回掲載したものです。

 今回は、人気ブログ『元証券ウーマンのお財布事情。』を運営する女性ブロガー、さぶさんにご登場いただきました。現在30代のさぶさんは5年前に結婚。その後、しばらくは浪費生活を送っていたそうですが、お子さんができたのを機に将来のためにお金を貯めようと決意。証券ウーマン時代に培った知識を生かして資産形成に取り組むようになりました。

 そして現在はご自身と同じ子育て世代に向けて、お金にまつわる、さまざまな情報を発信しています。そんなさぶさんに教育資金の貯め方からポイ活の仕方までお話を伺いました。

さぶさんのインスタグラム(sabu_1985)はこちら

夫を「洗脳」し、浪費生活から脱却

──さぶさんはブログ以外にインスタグラムで家計を公開されたりしていて、こちらも18万人以上のフォロワーがいるんですよね。子育て世代の女性にファンが多いとのことです。今日はそんなさぶさんにお金にまつわるお話をたっぷりお伺いしたいと思います。
 まずお聞きしますが、かつてはお金に無頓着で、かなりの浪費家だったらしいですね。

 はい、結婚して子供ができるまではお金を貯めようという意識が全くなかったんです。フルタイム共働きでそれなりに収入はあったかもしれませんが、ほぼすべて使い切っていました(笑)。

──何に使っていたんですか。

 2人とも食べたり飲んだりするのが好きで、週に3、4日は飲み歩いていました。あと、私は洋服が大好きでたくさん買っていましたし、夫は夫でゴルフ、サッカー、スノボーと遊びまくってましたね。

──お子さんができて、そんな生活を改めようと思ったのですか。

 さすがに将来が不安になってきたんです。こんな生活を送っていたら、まともな教育を受けさせられないんじゃないかと。

 それとその頃、貯金がないにもかかわらず、マイホームを購入したんです。フルローンですから、その支払いも大きかったんです。

──まずは何から始めたのですか。

 私は──その頃はもう他の業種に転職していましたが──証券会社に勤めていたこともあって、お金には関心があったし、どうすれば貯められるかなど、ある程度の知識はありました。

 でも、夫は違ったんです。子供ができてもそれまで通りの生活をしていたし。だから、夫の意識を変えるところから始めました。

──自分はお金を貯めたいのにパートナーが意識をあらためてくれないという悩みをもつ女性は少なくないと思います。どうやって意識を変えようとしたのですか。

 単に「節約しろ」とか「お金を貯めろ」といってもたぶん聞く耳をもってもらえないと思いました。だから、今、貯めておかないと将来大変なことになるかもしれないという話をしました。

 10年後、20年後の日本経済も分からないから私たちの収入もどうなるか分からないんだよ、とか、子供の教育費って信じられないくらいかかるんだよ、とか。できるだけ具体的な根拠を示して説得するようにしました。

──危機感をあおって洗脳した、というところでしょうか。

 そうですね。(笑)

証券会社に入社した時、総合職数百人のうち、女性はたった8人。「この金融商品を自分の祖父母に勧められるか」ということを大切にして、新卒1年目で預かり資産5億円を達成したそうです。