facebook twitter
グランビルの法則と使用上の注意点(買いタイミング編)
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

グランビルの法則と使用上の注意点(買いタイミング編)

2014/11/27
・グランビルの法則」とはなにか?
・上昇トレンドへの転換直後は迷わず「買い」
・移動平均線からのかい離が大きくなれば「リバウンド狙い」の買い
・下降トレンドに転換してしまうかもしれない局面での買いはリスクが高い
・リバウンド狙いは「言うは易し、行うは難し」
facebook twitter メールで送る 印刷

筆者が実践している「株価トレンド分析」の優位性~「利大損小」のために」のコラムにて、順張りの重要性について説明しました。筆者が実践している「株価トレンド分析」の根本にあるのは順張りです。

ところで、株価と移動平均線の位置関係から売買のタイミングをとらえる方法として有名なものに「グランビルの法則」というものがあります。実は、筆者が実践する「株価トレンド分析」もベースとなる考え方は同じです。

ただし、グランビルの法則と株価トレンド分析とは異なるところもあり、グランビルの法則すべてをそのまま使うのはリスクがあるというのが筆者の認識です。

そこで、今回と次回は、グランビルの法則の解説と、それを使うにあたり注意すべき点について説明していきます。

グランビルの法則は全部で8つあり、そのうちの4つが買いのタイミング、残りの4つが売りのタイミングを示しています。今回は買いタイミングとその注意点です。

上昇トレンドへの転換直後は迷わず「買い」

  • (買いタイミング①)下落していた移動平均線が横ばい~上昇に転じ、株価が移動平均線を上抜けたとき

⇒これは、まさに下降トレンドから上昇トレンドに転換したばかりのタイミングです。特に、下降トレンドが長期間続いた後にこのシグナルが出た場合は底値圏での格好の買いポイントとなります。

筆者はこのタイミングで底値圏にある株を買い、そこから株価が5倍、10倍にまで上昇したという経験も何度もあります。この買いタイミングは非常に重要なものです。

  • (買いタイミング②)上昇中の株価が調整し、移動平均線を下回ったものの、移動平均線は上昇中であるとき

⇒上昇トレンドが継続しているとすれば、株価が移動平均線を下回っても一時的なものであると考えられます。したがって、押し目買いのチャンスであるとされています。

移動平均線からのかい離が大きくなれば「リバウンド狙い」の買い

  • (買いタイミング③)上昇中の株価が調整したものの、上昇中の移動平均線を下回らずに再び上昇した場合

⇒移動平均線を下回らずに株価が反発した場合、上昇トレンドが継続していると判断できます。そのため、格好の押し目買いのチャンスとなります。底値圏で買いそびれた場合や、すでに保有している株を買い乗せするのに適したタイミングです。

  • (買いタイミング④)移動平均線が下落しているが、株価が急速に下落して移動平均線から大きくかい離した場合

⇒これはいわゆる「リバウンド狙い」の買いです。トレンドは明らかに下向きなのですが、移動平均線から大きくかい離した場合、移動平均線へ戻るように株価が反発することがよくあります。株価が売られ過ぎの状態からの自律反発を狙うものです。

下降トレンドに転換してしまうかもしれない局面での買いはリスクが高い

ただし、上記のうち②および④のタイミングは注意が必要です。

まず、②についてです。図表のように、すでに過ぎた期間の株価チャートをみて後講釈をするのであれば確かに買いシグナルといえます。でも、実際にこのような状況に遭遇したとき、このタイミングで買っていってよいかといえば、そうとはいえません。

株価が移動平均線を割り込んだものの、移動平均線自体は上向きになっている場合、そこから株価が反発して上昇トレンドが継続する場合と、株価が反発せず軟調に推移して下降トレンドに転換してしまう可能性があります。

ですから、②のタイミングで買い向かうのはややリスクが高いのです。筆者なら、②のタイミングではなく、②の状況から反発し、再度移動平均線を超えたタイミングで新規買いをします。つまり、上昇トレンド継続が明確になるのを待ってから買うのです。

こうすれば、②のタイミングで買うより失敗は少なくなるはずですし、移動平均線割れないしは直近安値割れで損切りとすれば、損切りポイントも明確になります。

リバウンド狙いは「言うは易し、行うは難し」

また、④についても「言うは易し、行うは難し」で、筆者個人的にはあまりお勧めするタイミングではありません。

確かにグランビルの法則のとおり、株価が急落して移動平均線とのマイナスかい離が大きくなった場合、そこからのリバウンドが期待できます。ところが実際にどこまで株価が下がったらリバウンドが始まるのかは、事前には分かりません。

リーマン・ショックのときのように行き過ぎた下落となれば、リバウンド狙いで買ったはずが、そこからさらに30%、50%も下落することもあり得ます。そこまで極端でないとしても、リバウンド狙いの買いを行うタイミングを1日~2日誤るだけで、10%~20%程度の株価下落は頻繁に起こります。

筆者は、株価が下落している途中に買い向かうことはよほどのことがない限り行いません。もし④の法則に従ってリバウンド狙いの買いを入れるにしても、明確な損切り価格が設定できるよう、株価が少し(3~5%程度)反発してから買うとか、5日移動平均線を超えるのを待って買うなど、少しアレンジした方法を取ります。

次回は、売りタイミングとその注意点について解説していきます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいグランビルの法則と使用上の注意点(買いタイミング編)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

グランビルの法則と使用上の注意点(買いタイミング編)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。