今日は、個人投資家に人気の「株主優待銘柄」について、解説します。日本には「株主優待制度」という、世界でも珍しい制度があります。上場企業が株主に感謝して贈り物をする制度です。

 本来、株主には配当金を支払うことで利益還元するのが筋です。ところが、日本の個人株主の一部に、お金(配当金)をもらう以上に贈り物(株主優待)を喜ぶ風潮があることから、株主優待という制度が存続しています。小売・外食・食品・サービス業では、個人株主がそのままお客さま(会社製品の購入者)になることもあるので、広告宣伝活動の一環として自社製品を優待品に積極活用する企業が多数あります。

 とても魅力的な制度なので、積極的に活用したら良いと思います。ただし、その魅力とリスクについて、これだけは知っておいてほしい5つのポイントを、解説します。

1.効率的に優待を獲得するには、最小投資金額で多数の銘柄に分散投資するのが有利
2. 優待券はぜひ使いたいと思うものから選ぶ。優待券を売却できることもあるが、売却額は、通常、自分で使う場合のメリット享受額より小さい
3.配当利回りも見て、総合的に有利なものを選ぶ
4.権利取り直前に株価が大きく上昇しているものは投資を避ける
5.業績不振銘柄や、不祥事を起こしている銘柄は避ける

効率的に優待を獲得するには、最小投資金額で多数の銘柄に分散投資するのが有利

 株主優待制度は、個人投資家を優遇する内容となっています。そのため、機関投資家には、株主優待制度に反対しているところが多数あります。優待制度はほとんど、小口投資家(主に個人株主)に有利、大口投資家(主に機関投資家)に不利な内容となっています。以下は、典型的な優待の一例です。

<A社の優待内容>
期末の株主名簿に記載されている株主に以下の自社製品を送る。

 上記の優待内容から、100株当たり、どれだけの金額の優待を受けられるかを計算したのが、以下の表です。

(出所:楽天証券が作成)

 ご覧いただくと分かる通り、100株当たりの経済メリット享受額は、最小単位(100株)を保有する株主が1,000円で最大です。保有株数の大きい株主は、100株当たりの優待受け取りが小さくなります。つまり、株主優待制度は、少額投資の個人株主を優遇するものであることがわかります。

 個人株主数を増やしたい上場企業が、優待制度を積極活用して、個人株主にアピールしているわけです。したがって、少ない資金で効率的に優待を取ろうと思う個人投資家は、最小単位で、なるべく多くの銘柄に投資すべきです。