facebook twitter
第9回 「アベノミクス」を活性化する「コイケノミクス」
イェスパー・コール
エコノミストが見た、投資のヒント
JPモルガンやメリルリンチにて、常にトップクラスの日本経済のストラテジスト、エコノミストとして知られてきたウィズダムツリー・ジャパンCEOのイェスパーコールが、今の日本経済の見方…

第9回 「アベノミクス」を活性化する「コイケノミクス」

2017/10/2
・小池氏の経済理念は民間セクターの活性化、公正で透明性の高い競争と説明責任の強化である
・希望の党が掲げる法人税減税と「経済特区」の推進。向こう数週間のうちに選挙公約として発表されれば、コイケノミクスの理想は信頼を得ることができよう
facebook twitter メールで送る 印刷

 解散総選挙を控え、日本では小池東京都知事が率いる新たな政治勢力が台頭してきている。小池氏が立ち上げた「希望の党」は野党民進党と選挙協定を結び、来る10月22日の衆議院選挙で定数465議席中120~180議席を獲得する勢いである。「アベノミクス」が当初に掲げた成長戦略を「コイケノミクス」が推進するとみられる点に注目が集まっているが、これは小池都知事が長年にわたり企業優先、規制緩和促進、成長重視を一貫して主張しているからである。

 具体的に言うと、コイケノミクスは以下のようなサプライサイドの歓迎すべき経済政策を打ち出している。

•法人税と所得税両方の削減を提唱(これを掲げているのは希望の党のみ)

•「経済特区」と「レギュラトリー・サンドボックス」の設定推進(官僚のみならず起業家も参加して規制を策定)

•国有資産の民営化促進

•公共サービスの質と効率性の向上、ならびに地方の自治権拡充に向けた行政改革に着手

•多様性に富む「スマート」社会の実現に注力。具体的には、IT インフラの重視、ビッグデータ、フィンテック、ブロックチェーン、バイオテックなどの活用、雇用形態の多様化推進など 

 小池新党の経済政策の具体的な内容が発表されるのはまだ先のことだが、骨子は小池氏の師と見なされている小泉元首相、また民間から招聘した助言グループ(メンバーの多くは成功を収めた新世代の企業家)が推進する規制緩和と企業優遇方針に沿ったものになるとみられる。小泉元首相と同じく、小池氏の経済理念は民間セクターの活性化、公正で透明性の高い競争と説明責任の強化である。 

 世界のリーダーと比較すると、政治的な力を強めている小池氏のこの勢いは、フランスのマクロン大統領が登場した時に最も近いと考えられる。マクロン大統領と同様、小池氏は影響力に物を言わせる旧体制を打ち破り、信頼に足る建設的な新体制を創造するために必要なビジョン、専門知識、そしてカリスマ性を備えている。小池氏は既存体制に挑み、進取の気性と目標意識を武器に自ら道を切り開いてきた政治家である。

 無論、希望の党が総選挙後の国会運営にどの程度の影響を及ぼすかは未知数である。都知事選とは異なり、国政選挙は選挙区ごとの激しい票の取り合いとなる。衆議院の定数465議席の内訳について信頼のおける予測をするのは時期尚早であろう。 

 とはいえ、民進党との連携により希望の党が120~180議席獲得する可能性が出てきた。一方、自民党は現在の288から240~250に議席を減らす見通しである。当社の予想に反し、離党して希望の党に合流する自民党議員が増えれば、自民党が過半数割れを喫するリスクは高まるだろう。 

 現段階での選挙結果の予測は信頼性を欠くものの、経済政策の面から見て、希望の党はアベノミクスが最初に公約として打ち出した構造改革・成長戦略を踏襲する可能性が高いとみている。少なくとも、コイケノミクスはアベノミクスを再び勢いづかせ、日本経済のサプライサイドに再び主眼を置かせる力を秘めている。

市場への影響

 市場の関心の的は、希望の党が掲げる法人税減税と「経済特区」の推進であろう。当社が予想するように、向こう数週間のうちにこの2つの政策が選挙公約として発表されれば、日本の将来戦略を後押しするカタリストとしてコイケノミクスが掲げる理想は信頼を得ることができよう。

2017年9月27日 記

 

ウィズダムツリー・ジャパンで掲載中のブログはコチラ 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第9回 「アベノミクス」を活性化する「コイケノミクス」

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第9回 「アベノミクス」を活性化する「コイケノミクス」

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。