Q:楽天スーパーSALEとお買い物マラソン、どう違うの?

A:ルールは同じだけどシークレットキャンペーンあり。得するコツはまとめ買い!

▼答えてくれた事業部:楽天市場 Nさん

 楽天スーパーSALEとお買い物マラソンは、楽天ポイ活を楽しむ上での2大イベント。どちらもお得ですが、使い方を理解するとさらに自分に合ったお得をゲットできます。まずは二つのルールと違いをおさらいしてみましょう!

違い/共通点 楽天スーパーSALE お買い物マラソン
【ココは同じ!】
 

【ルール1,000円(税込)以上購入したショップ数分、ポイント倍率がアップ。5店舗で買い物→ポイント5倍になる。最大ポイント倍率は10倍だが、SPUをフル活用すると、最大44倍になる。
【エントリー】。購入後のエントリーでも期間内ならOK
【ゲットできるポイント】上限:10,000ポイント(期間限定ポイント)

【ココが違う!】 3カ月に一度程度のペースで開催されることが多いビッグセール 楽天スーパーSALE開催以外の月に開催。一カ月に2回、開催されることもある。油断せず要チェック!

  開催時期とポイント上限が異なるものの、たくさんの店舗で買い回りすればするほどポイント倍率が上がる、という点では、楽天スーパーSALEとお買い物マラソンは同じルールです。ただ、開催時期的にも楽天スーパーSALEはギフト、新生活、年末年始など、イベント月での開催となるため、参加店舗も非常に多く、半額商品、赤字覚悟の割引商品も豊富で、規模感が大きいのが特徴です。

 楽天スーパーSALEならではのお得ポイントがいくつかあるのでご紹介いたしましょう!

【お得ポイント1】楽天スーパーSALEでは、半額商品が200万点以上! 目玉商品を、よりお得に買えることが多いのが特徴です。

【お得ポイント2】スーパーSALE期間中のみ11ショップ以上購入したお客様に追加でポイントをプレゼントするシークレットキャンペーンがあります! たくさんのショップで買い回りし、シークレットポイントをゲットしてください!

楽天スーパーSALEでお得感を満喫するには!

まとめ買い計画をしっかりたてて最大ポイントをもらおう!

 楽天スーパーSALEやお買い物マラソンでお得感を満喫するためのコツは大きくは以下の2つ。

【1】ずっとほしかった商品や、ギフトなど、高額商品を購入してポイントバックで相殺する。

【2】必要な生活必需品をまとめ買いする。

  ポイント倍率が高くなるこのタイミングで、比較的高額な商品を買うと、もらえるポイントもぐんと増えるチャンス! さらに、水やお米、ペットフードなど、どうせいつかは買うはずの消耗品や生活必需品をまとめ買いすると、バラバラと毎月小分けに買うよりも、もらえるポイントを効率的に増やせます。

さらにお得なポイ活アドバイス!

「ふるさと納税の寄付」で買い回り店舗数を無理なく増やす!

 楽天スーパーSALEもお買い物マラソンも、ポイントアップに有効な買い回り店舗数は10店舗以上。ただし、10店舗で買い物をするのはかなり大変です。そこで、無理なく買い回り店舗数を増やすのにおススメなのが楽天ふるさと納税です。

「楽天ふるさと納税」の寄付先である自治体=お買い物マラソンや楽天スーパーSALEの対象になります。SALEやマラソン期間中でも寄付額が割引になることはありませんが、逆に、いつ寄付しても同額なのであれば、SALE期間中に購入しておけば買い回りショップを増やすのに効果的。ふるさと納税は寄付額も高額になりがちなので、ポイントバック額も期待できます。

 もちろんですが、お支払いはぜひ楽天カードを設定してください。SALEやマラソンのポイントバックだけでなく楽天カードのご利用額に付与されるポイントもバックされます。もらえるポイントはすべてもらう! この心意気で楽天スーパーSALEやお買い物マラソンを楽しんでくださいね!