すっかりメジャーになったiDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)。積み立て時点での節税効果はよく話題になりますが、受け取り時の税金については知らない人も多いと思います。

 そんな方もこの機会に覚えておきましょう。

iDeCoの受け取り方法は3種類

 将来(原則60歳以上)のiDeCoの受け取り方法には、3種類あります。

(1)一時金で受け取る方法
(2)年金で受け取る方法
(3)一時金と年金を併用して受け取る方法

 そしてそれぞれにつき、税金の取り扱いが異なります。

受け取り方法で多いのは、一時金

 iDeCoの受け取りで最も多いのが、(1)一時金で受け取る方法です。その理由は、一時金が退職所得として扱われているからです。

 退職所得は、以下のように計算されます。
(収入金額-退職所得控除額)×2分の1×税率

 そして、退職所得控除額は以下のようにして求めます。
・勤続年数20年以下:40万円×勤続年数(1年未満切り上げ。以下同様)
・勤続年数20年超:(勤続年数-20年)×70万円+800万円

 なお、iDeCoでは「勤続年数」を「加入期間」と読み替えてください(以下同様)。

 例えば、勤続年数25年、iDeCoの一時金1,500万円とすると、税額は以下のようになります。

・退職所得控除額:(25年-20年)×70万円+800万円=1,150万円
・退職所得:(1,500万円-1,150万円)×2分の1=175万円
・税額:175万円×5%×1.021=8万9,337円(所得税)
    175万円×10%=17万5,000円(住民税)
    合計:26万4,337円

 1,500万円の受取額に対して、税額は約26万円と、かなり低額に抑えられていることが分かると思います。これが、一時金で受け取る人が多い大きな理由です。