お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国自動車セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国自動車セクター

2017/9/20
新車販売台数の減速にもかかわらず、中国自動車セクターの売上高、税引き前利益は2017年上期に前年同期比2桁増を達成した。
facebook twitter 印刷する

9月14日:新車販売が減速傾向、高付加価値化で収益2桁増も個別に明暗

 新車販売台数の減速にもかかわらず、中国自動車セクターの売上高、税引き前利益は2017年上期に前年同期比2桁増を達成した。製品・技術アップグレードに伴う業界全体の平均販売価格の上昇が背景。ただ、BOCIは主要メーカーが個別に明暗を分けている現状を指摘。今後は市場競争がさらに激化し、ニューモデルの投入ペースだけではなく、製品競争力の違いが勝敗を分けるとみている。また、ピーク期が到来する17年下期に関しては、「小型車減税(1600cc以下)」の年末終了を控えた駆け込み需要が、乗用車販売の底上げに寄与するとの見方。個別では吉利汽車(00175)をトップピックとし、ほかにブリリアンス・チャイナ(01114)、広州汽車集団(02238)を選好している。

 乗用車販売台数は16年に前年比14.9%の伸びを示したが、17年1-8月には前年同期比2.2%増と、減速傾向が鮮明となっている。対照的に商用車は同16.9%増と、主に大型貨物車の販売急増(同74.9%増)を背景に好調。新車全体では同4.3%の伸びだった。

 ただ、新車販売の減速にも関わらず、セクター全体の売上高、税引き前利益は17年上期に前年同期比11.9%増、11.5%増と堅調(中国汽車工業協会調べ)。BOCIは収益計上までのタイムラグに加え、高付加価値化に伴う価格上昇が寄与したとみている。

 上期の新車市場では外資系ブランドが国別に明暗を分け、日本、ドイツ系高級ブランドの好調が際立つ半面、韓国、フランス系ブランドが明らかに苦戦した。中国国内の独自開発ブランド、いわゆる“自主ブランド”をみても、有力ブランドとその他中小ブランドが明らかに明暗を分ける形となった。

 自動車部品セクターの17年上期決算は前年同期比12.4%増収、18.4%増益。ただ、川下市場の好不調や為替損益の違いなどから、やはり大手各社が明暗を分けた。一方、自動車ディーラーを見ると、主要4銘柄の上期業績がいずれもBOCIの予想を上回る水準。主に高級車市場の好調がアフタサービス、高付加価値サービスの成長に寄与した。

 小型車減税が17年末で終了することやピークシーズンの到来を受け、BOCIは下期の乗用車販売の加速を予想し、17年通年の販売台数について前年比3.5%増を見込む。上期実績は前年同期比1.6%増であり、下期に同5.0%増を予測していることになる。一方、商用車販売に関しては、17年予想を前年比13.9%増から同16.6%増に上方修正した。

 BOCIによると、香港上場の自動車銘柄は現在、17年、18年予想PERで平均13.2倍、同10.4倍の水準で取引されている。ただ、個別では同5-12倍と、各社のファンダメンタルズを反映する形で格差が大きい。BOCIは吉利汽車、ブリリアンス、広州汽車集団の株価の先行きに対して強気見通しを示す一方、長城汽車(02333)、東風汽車集団(00489)、北京汽車(01958)に対しては中立的。部品銘柄では、主に福耀ガラス(03606)と比較した出遅れ感から、ネクスティア(01316)に対して強気見通しを示している。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国自動車セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国自動車セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。