facebook twitter
第13回知っておきたい「逆日歩」の注意点(その1)
土信田 雅之
信用取引入門講座
信用取引という言葉を耳にしたことがある方は多いと思います。ただし、その割には意外と「近くて遠い」存在であるのも事実です。このシリーズでは、「そもそも信用取引とは何なの?」という初…

第13回知っておきたい「逆日歩」の注意点(その1)

2015/11/4
逆日歩の発生は、証券金融会社が「株不足(貸株>融資)」を解消するために行う入札によって決まります。取引時点で逆日歩が発生するのか、金額がいくらになるのかがわからないのは、その入札が翌日に行われるためです。
facebook twitter メールで送る 印刷

前回は「逆日歩(ぎゃくひぶ)」が発生するしくみについて見てきました。おさらいになりますが、逆日歩の発生は、証券金融会社が「株不足(貸株>融資)」を解消するために行う入札によって決まります。取引時点で逆日歩が発生するのか、金額がいくらになるのかがわからないのは、その入札が翌日に行われるためです。

言うまでもなく、逆日歩は売り方にとって「厄介な」存在ですが、ポイントは株不足の解消であることを踏まえると、株券の調達のしやすさも逆日歩の発生を左右するのではないかと考えることができます。確かにその通りで、発行済み株式数が少ない銘柄に逆日歩が発生しやすい傾向があるようです。そのため、売り建てをする前には、その銘柄の発行済み株式数や貸株残高をチェックするだけでも思わぬ逆日歩を避けられる可能性は高まります。

さらに、「逆日歩0円」となった銘柄は、株不足によって入札自体は行われたわけですから、逆日歩が今後発生する可能性が通常よりも高くなっているのでないかと考えることもできそうです。ちなみに、日証金(日本証券金融)のHPでは、直近5営業日の逆日歩や貸株・融資残高の状況を銘柄コードで検索することができるので便利です。

さて、これまで繰り返し「逆日歩は思わぬコスト」と説明してきましたが、では実際にどのくらいの負担になるのでしょうか?簡単な例でざっくりイメージを掴んでみましょう。例えば、銘柄Aを株価200円で2,000株売り建てをしたとします。取引金額は40万円(200円×2,000株)です。この銘柄Aが株不足となり、翌日に逆日歩の入札が行われることになりました。

逆日歩の入札ですが、株価と取引単位株数に応じて、「いくらで入札されるのか?」の金額の範囲が決められています。かなり細かく分けられているため、ここでの説明は省きますが、今回の例の場合、0.05円(5銭)刻みで入札を受け付け、1円が上限(最高料率といいます)になります。ですので、逆日歩は0円~1円の範囲で決まります。

この逆日歩の金額は1株あたりですので、売り建てている2,000株を掛けた金額が実際のコスト負担になります。0.05円(5銭)で決まれば100円、0.25円(25銭)であれば500円、0.5円(50銭)ならば1,000円、1円だと2,000円といった具合です。今回の例では、逆日歩が発生した際、100円から2,000円の範囲が金額の目安になります。さすがに2,000円となるとかなりキツい負担です。100円程度であればさほど大きな負担ではないものの、連続して逆日歩が発生すれば「チリツモ」で負担が増えてきます。

また、状況によっては逆日歩の上限である最高料率が2倍、4倍と引き上げられてしまうケースがあります。配当などの権利確定日前のタイミングをはじめ、貸株注意喚起銘柄指定や、売り建て停止措置などの規制がかけられている銘柄などが該当します。

さらに、想定以上に株券の調達が困難な場合には臨時措置として10倍に引き上げられることもあります。仮に、先ほどの例で最高料率が10倍に引き上げられた場合、上限が1円から10円に一気に拡大するため、10円×2,000株=2万円の高額な逆日歩も有り得ることになります。ただし、こちらはかなり珍しいケースです。

最後は不安ばかり煽ってしまいましたが、最高料率が引き上げられたからといって、実際の入札では普通に安い価格で逆日歩が決まることも多く、最高料率の引き上げ自体が必ずしも高額の逆日歩を確定するわけではありません。もちろん警戒は必要ですが、よほど売買が偏っている銘柄でない限りは、過度に心配する必要はないと言えます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第13回知っておきたい「逆日歩」の注意点(その1)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第13回知っておきたい「逆日歩」の注意点(その1)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。