ウィークリーピボット

 ウィークリーピボットは、先週のレンジを元に、今週のレンジを予想しようとするものです。今持っているポジションの利確や損切りレベルの参考として、あるいは新しいトレードのエントリーポイントなどに活用することができます。

 今週のドル/円のピボット・ポイントは、108.37円です。
ピボットとは「回転軸」という意味で、このレベルを相場の強気と弱気の転換点と考えます。レートがピボット・ポイントより上で取引されているときは、ドル/円の相場は強気が優勢、下にある場合は弱気が優勢と考えます。

 週明けオープンとともに始まった積極的な買戻しで、ドル円は月曜日のNY市場で109.50円の高値をつけました。

 現在のドル/円は、先週のレンジをベースに計算したウィークリーピボットのR1(上値レベル1)の前後で取引されています。さらに円安に行けるかどうかの第一関門にいるわけです。その上の水準(R2、上値レベル2)は110.98円。ドル/円は8月以来、111円台に定着できずに、何度か振り落とされていますので、このレベルも注目です。
 

 

デイリーピボット

デイリーピボットは、前日のレンジを元に、今日のレンジを予想する指標です。今日のドル/円の上値ライン(レジスタンス)は、109.90円、下値ライン(サポート)は108.52円です。

【この記事対するアンケート回答はこちらから】