消費税増税に負けないスマホ決済

 10月1日から消費税の10%増税がはじまります。キャッシュレス決済を利用した際の「ポイント還元」で注目されているのが、スマートフォンさえあれば支払いができる「スマホ決済」サービス。

「楽天ペイ(アプリ決済)」をはじめ、お得なポイント還元や期間限定のキャンペーンを打ち出すスマホ決済サービスが数多くあります。

 スマホにアプリをダウンロードして、支払いに使う銀行口座やクレジットカードを登録。アプリ上に表示されたQRコードやバーコードを提示したり、QRコードを読み取るだけで、キャッシュレス決済が可能になるのが「スマホ決済」。コンビニやドラッグストア、家電量販店、レストラン、多くの街のお店で利用可能です。

 10月1日の消費税増税後は、キャッシュレス決済の「ポイント還元」で5%または、2%の還元があります。

 ネットショップを含む、中小企業または個人事業主の店舗においてキャッシュレスで買い物をすれば、5%のポイント還元。

 コンビニやガソリンスタンドなど、大手系列のフランチャイズチェーン店では、消費税の増税分2%がまるまるポイント還元されます(2020年6月30日まで)。

 さらに、スマホ決済を利用すれば、各社のキャンペーンとポイントの二重・三重取りなど、ポイント還元制度をフル活用できます。

消費税増税の還元に加えスマホ決済・クレカ利用でポイント三重取りも

 スマホ決済サービスの多くは、シェア拡大を狙って、独自のポイント還元制度を充実させています。

 たとえば、楽天ペイ(アプリ決済)の場合、実店舗でのQRコード・バーコード決済なら買い物額の0.5%(200円で1ポイント)を「楽天スーパーポイント」で還元してくれます。楽天ペイの支払い元を、同じ楽天グループの「楽天カード」に設定しておけば、クレカ決済で付与される1%分のポイントを二重取りできるので、還元率は合計1.5%に達します。