28年前の今日…

1991(平成3)年3月9日

西新宿新都心にて新東京都庁舎の落成式が開催

 今から28年前の1991年3月9日、新東京都庁舎の落成式が執り行われました。

 デザインを担当したのは一級建築士の丹下健三氏。戦後の日本を代表する、世界的に有名な建築家です。特徴のある概観は、パリのノートルダム大聖堂の形をモチーフにしたもの。都庁の高さは243メートル、2007年にミッドタウン・タワー(高さ248メートル)ができるまでは東京一の高層ビルでした。

 総工費は1,569億円、年間維持費は約50億円と巨額であり、バブルの塔、タックスタワーなどと揶揄されました。

 しかし、完成後は、特徴のある外観が東京都のランドマークとなり、多くの観光客が訪れる名所となっています。

 

1991年3月9日の日経平均株価終値は

26,607円52 銭

※3月9日は休日のため前営業日の株価

算出開始後「3月9日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:38回

値下がり:17回

ライター: FIX JAPAN 前沢ともあき