お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
第6回RSIボリンジャー
山中 康司
マーケットスピードFXテクニカル教室
2014年6月~8月のみの期間限定レポート。 マーケットスピードFXを駆使し、話題のボリンジャーバンドクロスやRSIボリンジャーの活用法を解説します。

第6回RSIボリンジャー

2014/7/18
今回も、ボリンジャーバンドの派生指標「RSIボリンジャー」です。RSIボリンジャーは名前の通り、RSIのボリンジャーバンドで、設定もRSIの画面から行います。
facebook twitter メールで送る 印刷

今回も、ボリンジャーバンドの派生指標「RSIボリンジャー」です。RSIボリンジャーは名前の通り、RSIのボリンジャーバンドで、設定もRSIの画面から行います。

ここではRSIの期間を8期間としていますが、RSIのパラメータについては皆さんが通常使っているパラメータのままで構いません。ちなみに、私は一般的な14期間よりも短めの8期間を好んで使っています。また、ボリンジャーバンドのσ(標準偏差)を通常の2.0よりも小さい1.5としていますが、この値も1.5〜2.0の間でどの程度RSIボリンジャーにRSIの値が到達するのか、利用方法と併せて1.5、1.75、2.0の3つを比較してみることをおすすめします。今回は到達することを増やしながらもオシレータの「ゾーン・エグジット」を併用する手法で効率の良いRSIボリンジャーの利用方法を紹介します。

まず、RSIは買われ過ぎ、売られ過ぎの判断に適した代表的なオシレータ系指標のひとつで、通常RSIが70〜80を買われ過ぎ、20〜30を売られ過ぎと判断します。しかし、上昇トレンドがはっきりと出ている場合には、50よりも上でしか推移しないとか、逆に下降トレンドがはっきりと出ている場合には、50よりも下でしか推移しないとかいったことがしばしば起こりますので、そうなるとどの水準をもって買われ過ぎ、売られ過ぎとするのか、主観を入れないと判断しにくくなる欠点があります。

RSIボリンジャーは、このRSIの数値自体のボリンジャーバンドを表示させることで、トレンドが出ている場合でも、もみあいの場合でも買われ過ぎ(RSIボリンジャーの上側バンド)、売られ過ぎ(RSIボリンジャーの下側バンド)を適正に見ることが出来る指標となります。このコンセプトは、エンベロープとボリンジャーバンドの違いのように、ダイナミック(動的)な水準表示をオシレータに導入したものとなります。

まずは、ドル円日足に20期間のボリンジャーバンド(±1σ、±2σ)とRSIボリンジャー(RSI8期間、BB20期間、±1.5σ)を表示したチャートをご覧ください。

基本的な見方は、RSIがRSIボリンジャーに到達したポイントが買われ過ぎ、売られ過ぎのポイントとなりますが、より具体的には黄色の矢印で示したオシレータの「ゾーン・エグジット」のポイントが買われ過ぎ、売られ過ぎのポイントとなります。聞きなれない言葉かもしれませんので、以下の図をご覧ください。

上図ではわかりやすくするため全ての水準を平らに示してありますが、下側の赤い線が下側のRSIボリンジャー、上側の赤い線が上側のRSIボリンジャーとなります。中央の線はRSIの移動平均、青い線がRSIです。

ここで下側のRSIボリンジャーに最初に到達したポイントから、売られ過ぎゾーンに入ったところを「ゾーン・エントリー」と呼び(緑の四角の位置)、売られ過ぎゾーンから出ていくポイントを「ゾーン・エグジット」と呼びます(緑の丸の位置)。ゾーン・エントリーとゾーン・エグジットがほぼ同時の場合も多いのですが、上図のように買われ過ぎゾーンに到達しゾーン・エントリーとなったあとに、しばらく買われ過ぎゾーンで推移することもあります。そのような場合には、買われ過ぎゾーンから出ていくゾーン・エグジットをもって買われ過ぎと判断することになります。

先ほどのドル円日足チャートの黄色の矢印で示したポイントが、それぞれ買われ過ぎ、売られ過ぎのゾーン・エグジットを示したポイントですが、ゾーン・エグジットの見方をRSIボリンジャーに組み合わせることで割とよいタイミングで買われ過ぎ、売られ過ぎのポイントを示していることが理解できると思います。

また上図の移動平均線を横切る位置に緑の矢印を示してありますが、これはRSIがRSIの移動平均線を上抜けした時に上昇トレンドが加速し、下抜けした時に下降トレンドが加速しやすいことを示したものです。先ほどのゾーン・エグジットと組み合わせて考えると、以下のような戦略を組み込むことも有効です。

  • RSIの移動平均線上抜けで買い、RSIボリンジャー上側のゾーン・エグジットで売り
  • RSIの移動平均線下抜けで売り、RSIボリンジャー下側のゾーン・エグジットで買い

なお、このゾーン・エグジットの考え方は通常のオシレータ系指標でも使えることを付記しておきます。

第6回のポイント

  • RSIボリンジャーでは、RSIのゾーン・エグジットに注目する。
  • RSIが移動平均線を上抜け、下抜けする時は、トレンドが加速しやすい。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第6回RSIボリンジャー

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第6回RSIボリンジャー

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。