facebook twitter
第5回%bとバンドウォーク
山中 康司
マーケットスピードFXテクニカル教室
2014年6月~8月のみの期間限定レポート。 マーケットスピードFXを駆使し、話題のボリンジャーバンドクロスやRSIボリンジャーの活用法を解説します。

第5回%bとバンドウォーク

2014/7/18
7月12日のマーケットスピードFXのバージョンアップ(バージョン1.4.4)で皆さんもボリンジャーバンドの派生指標が使えるようになり、早速活用されていることと思います。
facebook twitter メールで送る 印刷

7月12日のマーケットスピードFXのバージョンアップ(バージョン1.4.4)で皆さんもボリンジャーバンドの派生指標が使えるようになり、早速活用されていることと思います。

今回は、ボリンジャーバンドの設定画面から表示できるもうひとつの派生指標「%b」です。%bは指標の名前からも想像がつきますが、ストキャスティクスの式にボリンジャーバンドの値(上側バンドの高値、下側バンドの安値)を入れて得られる数値が%bとなります。ボリンジャーバンドの派生指標の中では一番最初に開発された指標です。

まず、いつものドル円週足チャートにボリンジャーバンドは±1σと±2σ、%bは±2σのみを表示したチャートをご覧ください。

サブチャートに表示されているグラフが%bですが、%bはローソク足とボリンジャーバンド(上記のチャートでは±2σ)との位置関係を示しています。ローソク足が、ボリンジャーバンドの+2σに位置していれば1.0、-2σに位置していれば0となり、中心の移動平均線に位置していれば0.5となります。つまり、チャート中央部の円安局面のようにローソク足がボリンジャーバンドの+2σを超える状態が続く場面では%bも1以上となりますし、このチャート内にはありませんが、ローソク足がボリンジャーバンドの-2σを下回る状態が続く場面では%bは0以下となります。

この%bは、メインチャートに示されるボリンジャーバンドを平らに表示したようなイメージで、ローソク足の終値とボリンジャーバンドの位置関係を0.5を中心として明確に示していますので、例えば移動平均線と+2σとの間でローソク足が推移するような上昇トレンドにおけるバンドウォークでは、%bは0.5以上で安定的に推移することとなります。特に、このチャート例のように同じ0.5以上でも0.75以上というように上側の狭い範囲での横這いの時には強い上昇を示します。同様に、0.25以下といった下側の狭い範囲での推移であれば強い下落を示すこととなります。

%bのもうひとつの注目すべきものは、ダイバージェンスです。ダイバージェンスはオシレータ系指標で使われる見方で、価格の動きとオシレータの動きが乖離(ダイバージェンス)する時に、価格が反転することが多いというもので、基本的には以下のように説明できます。

  • 買いのダイバージェンス
    (1)価格が以前の安値よりも安い安値を付けたのに対し、%bはより高い数値を付けた時に買い
    (2)価格が以前の安値よりも高い安値を付けたのに対し、%bがより低い数値を付けた時に買い
  • 売りのダイバージェンス
    (1)価格が以前の高値よりも高い高値を付けたのに対し、%bがより低い数値を付けた時は売り
    (2)価格が以前の高値よりも安い高値を付けたのに対し、%bがより高い数値を付けた時は売り

文字で読むとわかりにくいのです、次の図を見てください。

上側が価格、下側が%bの模式化した動きを示し、左側から順に買いのダイバージェンス(1)、(2)、売りのダイバージェンス(1)、(2)となっています。

ダイバージェンスを見つけるコツは、買いのダイバージェンスであれば価格にも%bにもサポートラインを引き、売りのダイバージェンスであれば価格にも%bにもレジスタンスラインを引くことですが、最初にラインを引くのは%bです。%bのサポートであれば2つの谷を探し、レジスタンスであれば2つの山を探します。次に%bのラインに対応する価格のラインを引いてみて、方向が異なっていればダイバージェンスとなります。その際、価格のラインを引いた際に間のローソク足を横切るようなことがあっても無視して構いません。

具体例として、ユーロドルの日足チャートをご覧ください。

5月上旬から6月上旬にかけて%bの2つの谷に上向きのサポートラインを引いてみました。そのサポートラインに対応する価格のサポートラインは下向き、つまりダイバージェンスが発生しています。これは買いのダイバージェンス(1)のケースに当てはまりますので、黄色の丸で囲ったローソク足の終値でダイバージェンスが確定、買いということになります。なお、ダイバージェンスが発生したにも関わらず、ローソク足3本以内で利益が出ていないようであれば、いったんポジションを閉じたほうがよいことが多いという私の経験も書き添えておきます。

第5回のポイント

  • %bでは、バンドウォークをはじめボリンジャーバンドとローソク足の位置関係が明確となる。
  • %bでダイバージェンスが発生した時は、一時的な方向転換につながることが多い。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第5回%bとバンドウォーク

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第5回%bとバンドウォーク

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。