お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
第2回 なぜ個人投資家のリターンは市場平均を下回るのか
中桐 啓貴
個人投資家がやってしまいがちな投資リターンを下げる考え方と行動
実は約4割もの個人投資家が、1年以内に積立投資をやめているという事実をご存知ですか?本連載では、個人投資家の方が本来あるべき考え方や行動とは違う投資行動をとってしまいがちなことを…

第2回 なぜ個人投資家のリターンは市場平均を下回るのか

2017/2/22
投資成果というのは投資しているファンドの成績やタイミングよりも、そのファンドを持っている投資家の行動によって決まります。
facebook twitter 印刷する

なぜ個人投資家のリターンは市場平均を下回るのか

 投資でのリターンを上げるには、どのファンドやどの銘柄を選んだらいいか、もしくはいつ投資をすればいいのかに焦点があたりがちですが、投資成果というのは投資しているファンドの成績やタイミングよりも、そのファンドを持っている投資家の行動によって決まります。

 日本ではあまりこの行動ファイナンスについてのリサーチが進んでいないですが、米国には個人投資家の非合理的な行動を調査している会社がありますので、今回はそのレポートを参考にしながら話を進めていきたいと思います。

 

市場平均を下回る個人投資家のリターン

<投資家のリターンVS市場平均リターン>

(出所:“Quantitative Analysis of Investor Behavior, 2016,” DALBAR, Inc. www.dalbar.com)

 この表は米国の投資家の平均的な株式ファンド、分散ファンド、債券ファンドのリターンとS&P500(米国の代表的な株価指数)のリターン、債券インデックスのリターンを表しています。

 赤い丸で囲っているところが、過去10年間の投資家が株式ファンドで得た平均リターンが4.23%に対して、S&P500は7.31%となり、約3%の年間リターンの差が出ております。その一段上の20年間のリターンで見ると約3.5%も年間リターンでビハインドしていることになります。3.5%の差と言ってもそれほどピンとこないかもしれませんが、20年でみると結構な差になります。例えば10万ドルを20年間4.67%で運用した場合はインフレ調整前で約25万ドルになりますが、これをS&P500の8.19%で運用すれば48万ドルになります。

 

株が下がると現金を増やし、上がると現金を減らす投資家

 株価というのは短期的には投資家心理で動くので、下がっているときに買って、高くなりすぎたときに売った方がいいというのは直感的に分かると思います。

 たとえば、東京23区内にある駅近の新築ワンルームマンションが1,500万円だったら安いと考えると思いますし、逆に3,000万円だと高いと思うでしょう。ただそれが投資になると逆の動きをしてしまいます。

<株価の動きと反比例する投資家の現金比率>

(出所:“Quantitative Analysis of Investor Behavior, 2016,” DALBAR, Inc. www.dalbar.com)

 この図は赤の折れ線がS&P500で、青の折れ線がマネーマーケットファンド、つまり投資家の現金比率になります。2000年のITバブル崩壊後に株価は急落しており、その時に投資家はファンドを売却して現金比率を上げています。また2008年のリーマンショックの時には短期間で株価が半分になったこともあり、慌てた投資家が下落の恐怖から一刻も早く逃れるためにパニック売りをし、現金比率を半分ぐらいまで上げていることがわかります。

 またリーマンショックの後、株価が上がっていき強気が大勢を占めると、現金比率を一気に下げて投資に回しているのがよく分かります。

 

投資家のリターンを下げる最大の要因は…?

<個人投資家のリターンを下げる主な要因>

(出所:“Quantitative Analysis of Investor Behavior, 2016,” DALBAR, Inc. www.dalbar.com)

 この図は20年間でのS&P500インデックスと投資家の平均リターンの差が何に起因しているかを表したものです。一番大きな要因はやはり、投資家の非合理的な行動で、全体の約半分を占めています。

 つまり下がっている時の“パニック売り”と上がっている時の“熱狂的な買い”がそのパフォーマンスを下げる大きな原因です。またファンドのコストももちろんリターンを下げる要因になり、その次の原因として途中で現金化してしまうのもリターンを下げます。

 これはファイナンシャルプランを立てていないために必要以上に運用にお金を回しているためか、衝動的な出費によって現金が必要になったためです。

 繰り返しになりますが、保有ファンドの成績やコストよりも投資家自身の行動が運用リターンを下げてしまっているのです。ぜひ市場平均よりもリターンが出ていない投資家の方はファンドの成績などよりもマーケットに居続けることができたかどうかを振り返ってみてください。

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第2回 なぜ個人投資家のリターンは市場平均を下回るのか

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第2回 なぜ個人投資家のリターンは市場平均を下回るのか

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。