地元・名古屋の企業をメインに割安成長株を発掘して中長期間保有するというスタイルで着実に資産を築き上げてきたアイルさん。後編では現在、保有している銘柄について、さらには自ら主催する投資勉強会について話を聞きました。

 

主力5銘柄に資産の7割を集中投資

──現在はどれくらい銘柄を保有しているんですか。

すべて合わせると200銘柄くらいです。

──かなり多いですね。

 売るタイミングを逸して持ち続けている銘柄とかもけっこうあります。何せ損切りできない体質なので(笑)。あと、株主優待株もかなりあります。ただし、それらは大量に持っているわけではなく、どれも少額です。
 

──ある程度まとまって持っている銘柄もあるんですよね。主力銘柄というか。

 はい。通常は4つか5つくらい。金額でいうとそれらで全体の7割くらいを占めます。
 

──そのときどきで、主力銘柄は変わるのですか?

 はい。会社を辞めた頃は前に話したゲオなどを主力としていました。今は当時とはガラリと変わっています。ただ、そんなに頻繁には入れ替えません。3年とか5年とか保有することが多いので。

──買ってすぐ高騰したら早い時期に手放すかもしれませんが、なかなか上がらなかったら、おのずと保有期間は長くなるでしょうからね。

 そうですね。すぐに高騰してくれたらラッキーですが(笑)もともと長期保有を前提で投資していますし、企業価値の向上には時間も必要だと考えています。
 

──現在の主力銘柄を教えてください。

 中部地区を中心に自動車ディーラーを展開するVTホールディングス、名古屋に本社をもつ葬儀会社のティア、イオングループの靴販売会社であるジーフット、家賃債務保証事業を手掛けるCasa、一般の不動産会社が扱わない「底地」をメインに手掛けるサンセイランディックといったところです。

──どれも最近、購入したのですか。

 いえ、VTホールディングスは2007年から買い始めました。翌年にはリーマン・ショックで株価が4分の1まで下がり青くなりましたが、その後はじわじわと株価が上昇し、8年後、名証から東証1部へ指定替えとなり、一時買値の10倍になりました。まだ持ち続けていますが(笑)。
 あと、ティアやジーフットもけっこう前ですね。4年ほど前からサンセイランディックを買い始めて、Casaはわりと最近です。

──では、最近買われたCasaについて教えてください。どこに期待して購入されたのですか?

 2017年に東証に上場した会社なのですが、その年の暮れ、たまたまツイッターで知って、PERを調べたら10倍でした。同業他社を調べてみたら20倍から30倍なので、ずいぶん割安だなと。普段、僕は上場して間もない会社の株は、株価にプレミアムも乗っていますし、決算などの情報も少ないので買わないことにしているんです。でも、ここはあまりにも割安なので、少しだけ購入しました。


──その後、買い増しされましたか?

 じつは買った後、業績予想が下方修正されたんです。ファンドが筆頭株主なので、上場ゴールかも?と不安になって株主総会に行ってみました。そうしたらすごく印象がよかったんですよ。上場してから最初の株主総会なんて、シャンシャン総会で終わらせたいはずなのに、総会後には説明会も開催し、社長が自分の生い立ちから今後の方向性まで真摯に語ってくれました。もちろん、業績が足踏みしている理由も納得のいくかたちで説明してくれました。それで、この会社は伸びると思って買い増ししたところ、案の定、株価が上がっていったんです。

──やっぱり株主総会は、ヒントの宝庫なんですね。