お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
上手な人をマネれば、株式投資は上達する~マネかたのコツ・教えます
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

上手な人をマネれば、株式投資は上達する~マネかたのコツ・教えます

2017/8/17
・上達しない個人投資家の共通項とは?
・まずは「守・破・離」の精神で
・複数の人のマネを組み合わせないこと!
・暴落・急落を乗り越えた投資家をマネると無難
facebook twitter 印刷する

 どの道においても成果を出すには、まずは上手な人、先を行く人をマネてみることが最も近道。それは株式投資の世界でも同じことです。そこで今回は、株式投資の上手な人を上手にマネるためのコツをお伝えします。

上達しない個人投資家の共通項とは?

 筆者はこれまで、数多くの個人投資家と接する機会がありました。その中には、「この人は上達するまで時間がかかりそうだな」と感じるタイプの個人投資家たちがいました。その人たちに共通する特徴は、株式投資を自己流で行っていることでした。

 株式投資には、唯一絶対の正解があるわけではないのですが、「このようにやると成果を出しやすい」というやり方があります。でも、独学で身に付けることはとても難しいこと。学校ではもちろん教えてもらえませんし、社会人になっても教えてくれる場所はほとんどありません。

 自己流で株式投資を始めて、最終的に成功することはもちろん可能ですが、そこにたどり着くまでには、「トライ&エラー」の繰り返しでかなりの時間が必要です。自分なりの納得できる形を求めて、下手をすれば、10年、20年と成果が出せないまま時間だけが過ぎてしまうこともあります。

 株式投資に限らず、ビジネスの世界においても、一から成功を築き上げることは非常に困難で、時間もかかります。しかし、株式投資を始めてから、成功するまでの期間は短いほうがいいに決まっています。そのためにはどうすればよいでしょうか。

まずは「守・破・離」の精神で

 実はビジネスで成功している人や、株式投資で成果を出している人は、最初は「うまくいっている人」のマネをすることから始めて、それなりの成果を出しています。

 「守・破・離」という言葉をご存じでしょうか。

 何事においても成功するためには、まずは「守」。上手な人と同じことをすることを「守る」ことが第一歩です。ここで自己流のアレンジをしてしまうと、大抵の場合はうまくいきません。

 うまくいっている人のマネが完全にできたなら、そこで初めて「破」の段階に入ります。つまりマネした人の手法を「破る」、言い換えれば少しアレンジをして、自分なりの投資手法をつくりあげていきます。

 そして最後は「離」。つまりうまくいっている人から離れ、完全に自分の投資手法として確立させていくのです。

 筆者自身もはじめは、自己流で株式投資をしていました。やはりそのときは、なかなか成果を出せませんでした。しかし、インターネットで自身の投資手法を公開していた上手な個人投資家をお手本にしたところ、いつの間にか成果の出る投資手法を身に付けることができていたのです。

複数の人のマネを組み合わせないこと!

 ところで、上手な人のマネをするときには注意点があります。マネをしたい投資家が2人いた場合、その2人の投資手法を組み合わせてマネしてはいけません。

 たとえうまくいっている個人投資家であっても、その投資手法は一人ひとり異なり、なかには、手法が完全に矛盾するケースもあります。

 たとえば、筆者と、筆者の投資家仲間である個人投資家Aさんでは、投資手法が大きく異なり、筆者がある銘柄を売却したタイミングで、Aさんは逆にその銘柄を新規に買っていることもあります。

 筆者とAさんの投資手法を同時にマネようとすると、同じ銘柄に対して、「買い」と「売り」、正反対の判断を下すことになります。これではまず間違いなく混乱するでしょう。

 まったく別のタイプのAさんとBさんという投資家のマネしたい場合は、たとえば投資可能資金を2つに分けて、一方はAさんの投資手法のみを、もう一方ではBさんの投資手法のみをマネて投資すればよいでしょう。

 しかし筆者としては、マネをする投資家は1人に絞ったほうがものにしやすいと思います。実際問題として、2人以上の投資家を参考にしている個人投資家は、なかなか成果を出せないようです。やはりどうしても矛盾が生じてしまい、混乱してしまうのだと思います。

暴落・急落を乗り越えた投資家をマネると無難

 もうひとつ、これだけは気を付けるべきと筆者が強く感じることがあります。それは、リーマン・ショックのような暴落・急落をしっかり乗り越えることができている投資家のマネをすべきということです。

 実は今、株式投資で大きな成果を上げている投資家の中には、2012年11月からスタートしたアベノミクス相場を機に株式投資を始めた、という人がかなりいます。

 こういった人たちは、株価の暴落・急落を経験したことがありません。今後、株価急落が起きたとき、大きく財産を減らしてしまうのではないかと感じざるを得ない投資手法をとっていることが多いのです。
 たとえば、中途半端な下げ局面での押し目買いや、保有株の株価が下落したときに売却せず保有し続ける、といった点です。

 このようなリスクの高い投資手法は、全体的に見て上昇トレンドにあるような局面では大きく利益を増やすことが可能です。しかし、相場全体が反転して、大きく株価が下落するような局面になると、逆に損失が大きくなってしまいます。

 より大きく利益を上げていても急落・暴落を経験したことのない投資家より、急落・暴落を浅い傷で乗り越えることができた比較的投資歴の長い投資家を参考にしたほうが、長い目で見て成功確率が高いと筆者は感じています。

 現在は数多くの個人投資家が、自らの投資手法を書籍・ブログなどで公開しています。自己流の株式投資で成果が出ないという方は、自分に合った個人投資家を見つけ、マネすることをお勧めします。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください上手な人をマネれば、株式投資は上達する~マネかたのコツ・教えます

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

上手な人をマネれば、株式投資は上達する~マネかたのコツ・教えます

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。