facebook twitter
中国経済
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…
中国の消費者物価指数(CPI)は2017年7月に前年同月比1.4%上昇し、5月、6月の同1.5%から小幅の減速傾向。
facebook twitter メールで送る 印刷

7月にCPI上昇率が減速、食品価格の下落とサービス価格の上昇が鮮明

 中国の消費者物価指数(CPI)は2017年7月に前年同月比1.4%上昇し、5月、6月の同1.5%から小幅の減速傾向を示した。前月比では0.1%の上昇率となり、6月の同0.2%の下落から上向きに転じた。1-7月のCPI上昇率はこれで、前年同期比1.4%。16年1-7月期の同2.1%から減速している。

 食品価格は1-7月に前年同期比1.9%低下したものの、1-6月の同2.1%に比べて下落ペースが縮小した。うち生鮮野菜価格は6月に前月比1.3%下落した後、7月には同7%高となったが、豚肉、鶏卵価格の低迷が食品価格全体の重しとなった形。豚肉、鶏卵価格は6月に前年同月比16.7%、9.3%値下がりした後、7月も同15.5%、4.9%下げるなど、明らかに下落サイクルが続いた。うち豚肉価格の前月比での下落率は0.7%。5月の同2.9%、6月の同3.4%から下げ止まったとはいえ、引き続き下落基調が続いた。

 対照的に、サービス価格は価格規制の撤廃や人件費高騰を受けて上昇しており、5月、6月に前年同月比2.9%、3.0%値上がりした後、7月も同2.9%の上昇率を示した。政府当局がサービス部門の価格システムに関して規制緩和・撤廃を進める中、価格上昇圧力が続いている状況。うち医療、教育、旅行・観光、家事サービスの7月の価格指標は、前年同月比で順に5.5%、3.3%、3.2%、4.2%上昇した。6月にはそれぞれ同5.7%、3.2%、3.7%、4.3%の上昇率だった。

 BOCIはこの先短期的に、農産物価格のデフレ圧力が続くと予想。国内価格が国際価格を大きく上回ることをその理由に挙げた。半面、サービス価格については中期的に上昇傾向が続くとみている。その結果、17年下期には、CPI上昇率が小幅に加速すると予想。17年、18年通年の予想上昇率を1.6%、2.0%に据え置いている。

 一方、生産者物価に目を向けると、工場渡し価格(PEFPI)の上昇率は7月に前年同月比5.5%と、5月、6月並みだった。生産者購買価格指数(PPPI)上昇率は同7%で、5月の同8%、6月の同7.3%から減速した。前月比で見ると、PEFPIは0.2%高で、PPPIは横ばい。6月にはそれぞれ0.2%、0.4%下落していた。前月比での生産者物価の持ち直しは主に、鉄鋼の供給減と価格上昇が背景。7月には鉄金属価格、鉄加工価格が前月比で0. 8%高、2.7%高。6月の同3.8%下落、0.4%高から明らかに上向いた。

 BOCIは国内経済の回復の勢いが弱まっていることや前年実績の変動により、下期には生産者物価の上昇ペースが減速するとの見方。17年のPEFPI上昇率に関する予想値を前年比4.8%に据え置いている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国経済

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国経済

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。