facebook twitter
注目される『内閣改造・党役員人事』
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

注目される『内閣改造・党役員人事』

2018/10/1
・地方票は石破元幹事長が予想以上の善戦
・『内閣改造・党役員人事』は10月2日の予定
・目に見える成果が期待される
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

 第2次安倍内閣以降の政権運営に対する評価を問う自民党総裁選は9月20日に投開票されました。結果は国会議員405票については事前予想通り、安倍首相の圧勝となりましたが、党員・党友による地方票405票は、石破元幹事長が事前予想を上回り、約45%を獲得しました。総裁選の結果を受けて、今後3年間の政局運営に重要な影響を与えるとみられる10月2日予定の『内閣改造・党役員人事』が注目されます。

 

【ポイント1】地方票は石破元幹事長が予想以上の善戦

安倍首相は憲法改正や社会保障の抜本改革に取り組む方針

 首相陣営は優勢な議員票に加えて地方票でも7割以上の得票を獲得し、総裁選後の党運営に弾みをつけるのが基本戦略でした。議員票は、主要派閥の支持を得て、想定通り8割を上回りました。一方、地方票は石破元幹事長が予想を上回る約45%を獲得し、想定外の結果となりました。注目された小泉筆頭副幹事長は、石破氏に投票しました。

 安倍首相は、任期の3年間でアベノミクスの継続、憲法「9条の2」を新設して自衛隊を明記する改正案の早期発議、社会保障における雇用や年金、医療の抜本改革などに取り組むと見込まれます。

 

【ポイント2】『内閣改造・党役員人事』は10月2日の予定

中心メンバーは留任の方向

 10月2日予定の『内閣改造・党役員人事』は、挙党体制の確立や、地方票の約45%を獲得し一定の影響力を残す形となった石破氏や石破氏を支持した議員の処遇などが焦点となります。

 注目される『内閣改造・党役員人事』では、内閣の骨格は維持し、麻生副総理・財務相や菅官房長官、茂木経産大臣、党三役では二階幹事長などを留任させる意向と報じられています。

 また首相は10月下旬にも召集する臨時国会に党の憲法改正案を提出する意向を示しています。提出には党総務会の了承が必要なため、総務会長人事も注目されます。

 

【今後の展開】目に見える成果が期待される

 アベノミクスの大胆な金融緩和や機動的な財政出動は、名目GDPの成長、株式市場の大幅な上昇などをもたらした一方、その持続性や副作用について懸念する声も聞かれます。経済以外でも、日米の貿易協議、対朝、対中交渉など懸案事項も控えています。首相が求心力を維持しつつ、これらの問題で目に見える成果を上げていくことが期待されます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください注目される『内閣改造・党役員人事』

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

注目される『内閣改造・党役員人事』

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。