今日は投資額388万円と118万円の「好配当利回りファンド」を日本株でつくる方法を解説します。米国でかつて有名になった「ダウの犬戦略」を使います。このレポートは、5月17日のレポート内容をアップデートして、お届けするものです。

「ダウの犬」戦略とは

 米国で有名になった投資手法です。投資方法はきわめてシンプルです。

(1)    NYダウ採用銘柄(30銘柄)を配当利回りの高い順に並べ、上位10銘柄を選びます。その10銘柄に等金額投資します。

(2)    1年後に、もう一度NYダウ採用の配当利回り上位10社をスクリーニングします。1年前に投資した銘柄で、上位10社から外れた銘柄を売却し、代わりに新規に上位10社に入った銘柄を買います。

(3)    その後も1年ごとに、上記の方法でリバランス(銘柄入れ替え)を続けます。

 たったこれだけのシンプルな投資方法で、NYダウを上回るパフォーマンスが挙げられることが多かったので、「ダウの犬」戦略は有名になりました。

「ダウの犬」を日本株に輸入しよう

 このシンプルな方法は、日本株にも応用可能です。NYダウは米国に上場する時価総額の大きい銘柄30から構成されます。日本で言えば、時価総額上位30社は「コア30」と言われる指数を構成する銘柄ですが、この中から配当利回りの高い10銘柄を選べば、「ダウの犬」と同様の戦略をとることができます。9月19日時点では、以下10銘柄がそれに該当します。

東証1部コア30採用銘柄のうち、配当利回り上位10社

出所:配当利回りは、1株当たり年間配当金(今期会社予想)を9月19日の株価で割って算出