facebook twitter
配当利回り4%!「ダウの犬」型・日本株ファンドの作り方
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

配当利回り4%!「ダウの犬」型・日本株ファンドの作り方

2018/10/17
・「ダウの犬」戦略とは
・「ダウの犬」を日本株に輸入しよう
・実際にポートフォリオを作ってみる
facebook twitter メールで送る 印刷

 今日は投資額388万円と118万円の「好配当利回りファンド」を日本株でつくる方法を解説します。米国でかつて有名になった「ダウの犬戦略」を使います。このレポートは、5月17日のレポート内容をアップデートして、お届けするものです。

「ダウの犬」戦略とは

 米国で有名になった投資手法です。投資方法はきわめてシンプルです。

(1)    NYダウ採用銘柄(30銘柄)を配当利回りの高い順に並べ、上位10銘柄を選びます。その10銘柄に等金額投資します。

(2)    1年後に、もう一度NYダウ採用の配当利回り上位10社をスクリーニングします。1年前に投資した銘柄で、上位10社から外れた銘柄を売却し、代わりに新規に上位10社に入った銘柄を買います。

(3)    その後も1年ごとに、上記の方法でリバランス(銘柄入れ替え)を続けます。

 たったこれだけのシンプルな投資方法で、NYダウを上回るパフォーマンスが挙げられることが多かったので、「ダウの犬」戦略は有名になりました。

「ダウの犬」を日本株に輸入しよう

 このシンプルな方法は、日本株にも応用可能です。NYダウは米国に上場する時価総額の大きい銘柄30から構成されます。日本で言えば、時価総額上位30社は「コア30」と言われる指数を構成する銘柄ですが、この中から配当利回りの高い10銘柄を選べば、「ダウの犬」と同様の戦略をとることができます。9月19日時点では、以下10銘柄がそれに該当します。

東証1部コア30採用銘柄のうち、配当利回り上位10社

出所:配当利回りは、1株当たり年間配当金(今期会社予想)を9月19日の株価で割って算出

 

実際にポートフォリオを作ってみる

 それでは、上記の10銘柄を使って、実際にポートフォリオを組んでみましょう。完全に10銘柄に同額を投資することはできないため、なるべく等金額になるように作ったのが、以下のポートフォリオです。全体の金額は約388万円です。このポートフォリオの平均配当利回りは4.0%です。

東証1部コア30銘柄から作った「ダウの犬」ポートフォリオ(平均配当利回り4.0%)

出所:楽天証券経済研究所が作成

 次に、非課税で投資できるNISA(少額投資非課税制度:年間の投資枠は120万円)で、投資できるように、投資金額を120万円以下に抑えて作ったのが、以下のポートフォリオです。このポートフォリオの平均配当利回りは4.3%です。

ダウの犬ポートフォリオから、118万円で買えるように銘柄をしぼったポートフォリオ(平均配当利回り4.3%)

出所:楽天証券経済研究所が作成

 上記はあくまでも1つの例に過ぎません。投資金額や期間を考えれば、他にもさまざまな投資の組み合わせが可能です。

 投資信託で「好配当利回りファンド」を選んで買うのもいいですが、まとまった資金があるなら、こんなふうに自ら「手作りファンド」をつくるように、個別銘柄を買うのも悪くないと思います。

 投資信託を保有すると、信託報酬(ファンドから差し引かれる管理手数料)がかかりますが、自分で個別銘柄を保有すれば、信託報酬はかかりません(売買手数料は必要です)。長期(5~10年)で資産形成を考えるならば、上記ポートフォリオに投資して、長期保有するのもいいと思います。

 

 

▼著者おすすめのバックナンバー

9月13日:メガバンク、地銀・・・暗い話が増えているけど、銀行株は持っていていいの?
9月6日:ハゲタカがいれば狙われそうな「含み資産株」:ハゲタカ去って買い手不在に
9月4日:電鉄、化粧品・・・株主優待付き「インバウンド株」の値下がり理由。ここは買い

▼他の新着オススメ連載

今日のマーケット・キーワード:運用者の視点:改善する『日中関係』
今日、あの日:国産ロケット発射成功【61年前の9月20日】

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください配当利回り4%!「ダウの犬」型・日本株ファンドの作り方

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

配当利回り4%!「ダウの犬」型・日本株ファンドの作り方

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。