facebook twitter
パウエル議長講演で株高!FRB批判のトランプを飼いならす手腕発揮?
ハッサク
ハッサクのなるほど為替超入門
毎週水曜日に新着公開。為替ディーリング歴22年のベテランが、「円高とは?」「外国為替とは?」など為替の基礎知識から、リアルマーケットの分析に至るまで、投資入門者にもわかりやすく解…

パウエル議長講演で株高!FRB批判のトランプを飼いならす手腕発揮?

2018/8/29
・注目のパウエルFRB議長講演を分析
・中間選挙をにらんだ株価動向はどうなる?
・ドル動向はトランプ次第?
facebook twitter メールで送る 印刷

注目のパウエルFRB議長講演を分析

 トランプ米大統領がFRB(米連邦準備制度理事会)への利上げに不満を示している中、注目された8月24日のパウエルFRB議長のジャクソンホール講演では、タカ派路線を維持するのではないかとの見方が、直前に広がりました。

 ところが、講演では利上げペースは加速しないことを示唆。ハト派寄りとの見方が強まりました。とは言え、ほぼ確実視されている9月の利上げや、年内2回目の利上げ見通しも覆すほどのハト派的な内容ではありませんでした。

 パウエル議長の講演内容のポイントは、次のとおりです。

(1) 米経済は強い。力強い成長が続けば、さらなる段階的な利上げが適切になるだろう

(2) 物価上昇率は2%を超えて過熱するリスクは見えない

(3) 段階的な利上げによって、FOMC(米連邦公開市場委員会)が分析する中立的水準に近づいてきた

 パウエル議長は、米経済は強いため利上げは粛々と段階的に行うが、インフレ加速の兆候がないことから、中立的な水準を超えることはないことを示唆しました。

「中立的水準」とは、景気を過熱させず、冷やしもしない状態の政策金利の水準のことです。

 FOMC参加者の「長期金利見通し」では2.9%をみています。現在の政策金利は1.75~2.0%であるため、0.25%の利上げ幅だと、あと4回で2.75~3.0%となり、中立金利の2.9%に達することになります。達成時期は、3カ月ごとの利上げでは、今年の9月、12月、来年の3月、6月で4回となるため、2019年の半ばには利上げ打ち止めになります。

 マーケット参加者は、この内容を受けて、次のように理解しました。

(1)インフレの過熱感はないため、(2)FRBは利上げを加速させることはなく、これまでのペースで利上げを行い、(3)かつ、利上げ局面は終盤に入っている

 そして安心感から金融市場では長期金利は低下し、株高、ドル安になるという反応を示しました。

 パウエル議長はトランプ大統領へ忖度(そんたく)することなく、利上げは続けるものの先行きを示唆することによって金利を低下させ、株式市場に安心感を与えることに成功したことになります。

 週明けの米株式市場では活況相場が続き、NYダウは2月以来7カ月ぶりに2万6,000ドル台を回復し、S&P500は連日最高値を更新、またハイテク株の構成比率が高いナスダック総合株価指数は、初めて8,000の大台に乗せました。

 米株が活況なのはFRB政策に対する安心感からだけではないようです。

 

中間選挙をにらんだ株価動向はどうなる?

 通常、中間選挙の年の株価は、選挙前までは下落し、選挙後に上昇すると言われていましたが、既に米国のどの株式市場も、夏場に過去最高圏にあり、例年とは異なる事態となっています。

 どうやら中間選挙をにらみ、トランプ政権が公約実現のために前倒しで動き始めてきたことが株押し上げにつながっているようです。

 そして、週明けの27日には、トランプ政権はメキシコとのNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉を巡り、2国間の大筋合意に達したと発表しました。

 このニュースは株の一段高を演出しました。トランプ大統領はこれまで、公約を実現するために相手国との駆け引きをエスカレートさせてきましたが、ここにきて事態収拾の方向に動き出し、果実を摘み取る動きに出てきたようです。

 米中貿易戦争も同じような動きが出始めているようです。報復合戦が続いていましたが、ここで中国が柔軟な姿勢を見せ始めているようです。

 米ウォールストリートジャーナル紙は、米中通商担当者が11月の米中首脳会談をめどに貿易摩擦の解消に向けた交渉計画を立てていると報じています。

 このままトランプ大統領がこれ以上、かき混ぜなければ、この要因は不透明なままで消化されていく可能性があります。

 北朝鮮問題も何ら進展が見られませんが、進展がなくても事態が逆行して悪化しなければ、この要因も中間選挙まで封印されていく可能性があります。

 

ドル動向はトランプ次第?

 ドル/円は、米長期金利が上昇しないことから大幅な円安にはならず、政治要因のリスクが後退していくことから大幅な円高にもならないという状態になっているようです。しばらくは政治要因に支えられる相場展開が続くかもしれません。この状態に変化が生じるとすれば、トランプ政権と各国とのあつれきが再び顕在化し、政治リスクが再度台頭してくるか、米国の経済、物価情勢に変化が出てくることが予想されます。

 パウエル議長は24日のジャクソンホール講演で、物価は2%を超えて過熱するリスクはないとみて、過度な引き締めを避けることを示唆しましたが、同時に「物価上昇の兆候が明らかになれば利上げを継続すればよい」とも指摘。インフレ傾向が強まれば利上げを続ける姿勢も示しています。

 講演内容はハト派的ととらえられましたが、実際はハト派寄りではなかったようです。今後、物価が高止まりし、FRBの利上げ姿勢が変化する可能性があるとマーケットが察知すれば、高値圏の株はその変化に弱いかもしれません。

 28日、米ワシントンポスト紙は、トランプ大統領が二つの点で安倍晋三首相に不満を抱いているという内容を報じました。

 一つは、7月に日本と北朝鮮の情報当局高官がベトナムで極秘に接触したことを、事前報告されなかった米側が不快感を示したことです。

 そしてもう一つは、6月の日米首脳会談で「私は真珠湾を忘れない」という表現を使い、対日貿易赤字問題への強い不満をトランプ大統領が表明したと報じています、

 さらに両首脳は北朝鮮問題でも対立したと伝えられています。

 同紙の報道は29日朝にNHKニュースでも報じられましたが、為替市場では大きな反応は見られません。

 これが気になるのは、6~7月の出来事を、なぜ今のこのタイミングで伝えてきたかという点です。米中貿易摩擦が事態収拾の方向に動き出す可能性があり、メキシコとのNAFTA再交渉は大筋合意に達したということから、次は日本だということで種を蒔(ま)いたのでしょうか。

 これが大きな事態に展開しなければよいのですが、一連の報道は頭の中に入れておいた方がよさそうです。

 9月には昨年10月以来となる、麻生太郎副総理とペンス米副大統領との日米経済対話が開催予定です。閣僚級の日米貿易協議も9月下旬予定の日米首脳会談前に開催される予定のため、注意が必要です。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいパウエル議長講演で株高!FRB批判のトランプを飼いならす手腕発揮?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

パウエル議長講演で株高!FRB批判のトランプを飼いならす手腕発揮?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。