58年前の今日…

1960(昭和35)年8月10日

森永製菓が国産インスタントコーヒー発売

少量の水で先にインスタントコーヒーの粉を溶き、その後お湯を注ぐと、風味や香りがぐんと増す。お試しあれ!

 今から58年前の1960年8月10日、初の国産インスタントコーヒーが発売されました。これを機に、日本人にとってコーヒーが一気に身近になりました。

 当時、日本の国民1人当たりのコーヒー消費量は米国の100分の1以下でした。しかし、経済成長が著しい日本でもコーヒーの消費が伸びていく、と森永製菓株式会社の経営陣は確信し、インスタントコーヒーの生産を始めました。お手本としたのは、米国の「ソリュブル(溶ける)コーヒー」だったそうです。

 価格は1杯当たり10円ほど。お湯を注ぐだけで、コーヒーの味と香りが楽しめるとあって、爆発的なヒット商品になりました。

 ちなみに森永製菓はこの年、好きな人にチョコレートを贈る「バレンタインデー」の大々的な宣伝を展開。日本にバレンタインの習慣を根付かせました。

 偶然ですが8月10日は、インスタントコーヒーで知られる世界最大の食品会社ネスレ(本社スイス)を創業したアンリ・ネスレ氏の誕生日です。

 

1960年8月10日の日経平均株価終値は

1,123円95銭

算出開始後「8月10日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:26回

値下がり:28回