facebook twitter
iDeCoとつみたてNISA、将来資産を作るなら、選択よりも併走
中野 晴啓
特集記事

iDeCoとつみたてNISA、将来資産を作るなら、選択よりも併走

2018/8/20
iDeCoを始めた方も、これからiDeCoに参加しようと考えている方も「つみたてNISA」と併せてじぶん年金づくりを設計すべきだと思います。
facebook twitter メールで送る 印刷

iDeCoとつみたてNISA

 2017年に制度が拡充されたiDeCo(個人型確定拠出年金)に続き、長期資産形成を有利に叶えてくれる別の仕組みとして、新たな少額投資非課税制度「つみたてNISA」が2018年1月からスタートしました。この制度は現行NISAが非課税期間5年であるのに対し、何と20年という長期にわたる非課税期間が設けられています。

 そしてiDeCo同様、毎月一定額の積み立てで投資を続けていく、NISAのスペシャルバージョンと言えるでしょう。年間投資限度額は40万円なので、毎月の積立金額の上限はざっと3万3千円ほどです。結論から言えば、既にiDeCoを始めた方も、これからiDeCoに参加しようと考えている方も「つみたてNISA」と併せてじぶん年金づくりを設計すべきだと思います。

 非課税の有利さではiDeCoが勝っています。毎年の掛金総額が所得控除されることによる、所得税の節税効果が絶大だからです。しかしながらiDeCoにおける最大の注意点は、60歳になるまで資金化することができないということです。

 これは個人型確定拠出年金という正式名称の通り年金制度のひとつなので、“将来の年金原資を育てる資産形成”という位置付けから途中の取り崩しはできないようになっています。

 一方で「つみたてNISA」は同じく将来に向けた長期資産形成を目的とした仕組みですが、年金制度ではないので非課税期間中いつでも自由に取り崩して資金化することが可能です。仮に大病したり大けがしたり、あるいは不運にも失業したりといった、いざという時には、積立てた資金で賄えるという流動性の確保はiDeCoにはない利便性です。従って両制度を併用することが賢い活用法でありましょう。

 たとえば企業年金がない会社員の場合、iDeCoの毎月拠出額は2万3千円。公務員なら1万2千円と若干迫力不足を感じられたとしても、これに「つみたてNISA」を組み合わせれば前者の会社員なら最大5万6千円、公務員で4万5千円と結構本気モードの長期積立投資ができますね。

 それぞれどんな運用方法で区別すればいいですか?という質問をよく受けます。どちらも充分な長期資産形成を叶えてくれる制度です。自分が信頼を置いて納得できた設計ポリシーの投資信託を選択して、根気強く積み立てを続けていくことが成果の最大化につながることでしょう。

 iDeCoと「つみたてNISA」では同じ商品が買えないケースもあります。しかし、その場合でも同じコンセプトで設計されたタイプを選べばいいと思います。60歳まで資金化できないため腹をくくって参加するiDeCoに、どうしてもお金が必要な時には資金化できる「つみたてNISA」を組み合わせることで、ますます長期資産形成は盤石なものになるはずです!

▼著者おすすめのバックナンバー

8/8公開 iDeCoで自らを助けよ。誰でもできる長期・積立・分散投資

8/10公開 長期投資もiDeCoも面倒だ。では、何もせず20年後に後悔するのか

8/15公開 iDeCoの会社選び。「身近なとこ」ではじめると、残念な商品選択になる?

8/17公開 iDeCoで預金はNG?コストとインフレで資産が目減りする?

8/22公開 iDeCoとつみたてNISA、将来資産を作るなら、選択よりも併走

8/24公開 Coming soon

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいiDeCoとつみたてNISA、将来資産を作るなら、選択よりも併走

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

iDeCoとつみたてNISA、将来資産を作るなら、選択よりも併走

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。