facebook twitter
iDeCoで預金はNG?コストとインフレで資産が目減りする?
中野 晴啓
特集記事

iDeCoで預金はNG?コストとインフレで資産が目減りする?

2018/8/17
数十年後のiDeCo受取り時期には、日本経済がけっこうなインフレに転換している可能性も否定できません。ますますお金の価値が目減りする損失可能性を考慮しておくべきでしょう。
facebook twitter メールで送る 印刷

iDeCoで預金はNG?

 個人型確定拠出年金として2017年に制度が拡充されたiDeCo(イデコ)。世間の認知度は徐々に高まってきています。書店に行けば書棚に著名なファイナンシャルプランナーによるiDeCo入門本が何冊も置かれており、制度の仕組みや非課税の有利さなどは誰でも手軽に学ぶことができます。

 楽天証券はじめ大手ネット証券が提供するiDeCo口座は運営管理手数料が無料であり、毎月順調にiDeCo参加者が増えているようです。制度を学んで参加される方は、掛け金の所得控除と運用益への所得税免除など税制メリットをしっかり活用した上で、あくまで目的は将来の人生プランに鑑みた「じぶん年金」づくりにあることでしょう。

 そもそも私たちは皆、子供の頃より親から「ちゃんと貯金しなさい!」と言われて育ってきました。その言いつけを守り「将来に備え資産形成をするのにうってつけな非課税制度をしっかり活用しておこう」と考え、iDeCoを学び始めたと思います。政府のこの制度の提供意図としては「貯蓄から資産形成へ」と私たち生活者に行動を促すことにあるのです。

 親世代が体験してきた20世紀においては、“貯蓄することでちゃんとお金が育つ”という資産形成がある程度実現できました。銀行や郵便局に預貯金として置いておけば、けっこうな金利が付与され、長期で預貯金を続けているだけで資産が増えたからです。

 ところが21世紀に入ってから、日本は急激に成長経済から成熟経済へ移行しました。おまけにデフレという経済の病気を長く患っていることによって、金融機関の預貯金の金利はほぼゼロになって久しいことは、皆さんご存知のとおりです。

 せっかくiDeCoで将来に向けた「じぶん年金」づくりをしようと一念発起してみても、それを預金や元本確保型保険商品などといった“お金がお金を生まないもの”を選択していたら、さっぱりお金は育たないことにすぐ気付くことでしょう。

 iDeCoに参加してもお金を育てていくことができなければ、国民年金基金連合会に毎年支払う事務手数料と信託銀行に支払う資産管理手数料の合計2,004円に加え、金融機関によっては年間数千円もの運営管理手数料を徴収していますから、実は「じぶん年金」がじわりじわりと手数料によって蝕まれていくばかりなのです。おまけに数十年後のiDeCo受取り時期には、日本経済がけっこうなインフレに転換している可能性も否定できません。ますますお金の価値が目減りする損失可能性を考慮しておくべきでしょう。

 iDeCoをしっかり活用するならば、長期間の運用益がすべて非課税になるメリットをフルに活かしてインフレにも打ち勝つ真っ当な長期投資へと「資産運用」しなければ、せっかくこの制度に参加したのにそれが仇となりかねません。

 楽長期投資にふさわしい投資信託のメニューを充実させている会社は、ひとえに参加者に真っ当な資産形成、つまりお金をしっかり育てる場として「資産運用」して欲しいと考えているからです。 ここはハッキリきっぱり申しあげましょう。iDeCoで預金はおすすめしません!しっかり長期投資を実践して、「じぶん年金」がしっかり育つようお金を「資産運用」にまわすことで、経済活動の中にお金を働きに出してください!

 

▼著者おすすめのバックナンバー

8/8公開 iDeCoで自らを助けよ。誰でもできる長期・積立・分散投資

8/10公開 長期投資もiDeCoも面倒だ。では、何もせず20年後に後悔するのか

8/15公開 iDeCoの会社選び。「身近なとこ」ではじめると、残念な商品選択になる?

8/17公開 iDeCoで預金はNG?コストとインフレで資産が目減りする?

8/22公開 iDeCoとつみたてNISA、将来資産を作るなら、選択よりも併走

8/24公開 Coming soon

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいiDeCoで預金はNG?コストとインフレで資産が目減りする?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

iDeCoで預金はNG?コストとインフレで資産が目減りする?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。