facebook twitter
スエズ運河国有化、第二次中東戦争へ【62年前の7月26日】
トウシル編集チーム
今日、あの日
今日は何の日? 経済、政治、社会に影響を与えた、今日同じ日の歴史を、当時の日経平均株価、ドル/円の為替レートとともに振り返ります。

スエズ運河国有化、第二次中東戦争へ【62年前の7月26日】

2018/7/26

62年前の今日…

1956(昭和31)年7月26日

エジプトがスエズ運河国有化、第二次中東戦争へ

地中海と公開(スエズ湾)を結ぶ人口運河。船だけでなく電信ケーブルも運河を渡る

 今から62年前の7月26日、「インド洋と地中海を結ぶスエズ運河を国有化する」とエジプトが宣言。これに反発したイギリス・フランス・イスラエルが武力行使に出て、第二次中東戦争に突き進みました。

 スエズ運河は全長193キロ、欧州とアジアを最短で結ぶ人工水路として、フランス資本主導で1869年に開通しました。

 当時のエジプトは東西どちらの陣営にも属さない中立外交の立場を取り、旧ソ連にも接近していました。旧ソ連と敵対していたイギリス・フランスがエジプト国内のダム建設計画を取り下げると、エジプトのナセル大統領は運河の国有化を宣言。するとイスラエルがイギリス・フランス両国の支援を得てエジプトに侵攻し、戦闘が始まりました。

 エジプトは猛反攻する一方で、世界的な反植民地の気運も味方に付け、イスラエルは撤退を余儀なくされました。翌1957年4月に運河は再び開通し、植民地時代の終わりを強く印象づけました。一方で、1967年に第三次中東戦争が始まるなど、中東では軍事衝突が繰り返されました。

1956年7月26日の日経平均株価終値は

499円93銭

算出開始後「7月26日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:25回

値下がり:30回

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいスエズ運河国有化、第二次中東戦争へ【62年前の7月26日】

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

スエズ運河国有化、第二次中東戦争へ【62年前の7月26日】

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。