facebook twitter
為替誘導する!?トランプのツイッターから金融政策の行く末を占う
ハッサク
ハッサクのなるほど為替超入門
毎週水曜日に新着公開。為替ディーリング歴22年のベテランが、「円高とは?」「外国為替とは?」など為替の基礎知識から、リアルマーケットの分析に至るまで、投資入門者にもわかりやすく解…

為替誘導する!?トランプのツイッターから金融政策の行く末を占う

2018/7/25
・先週のドル/円の動きから節目を探る
・トランプ大統領の為替ツイッターを振り返る
facebook twitter メールで送る 印刷

先週のドル/円の動きから節目を探る

 先週19日(木)に113.18円の高値をつけたドル/円は、今週月曜日までの3日間で2円40銭強の円高となりました。

 19日(木)のニューヨーク市場では好調な米経済指標を受けて、ドル/円が113円台に乗せました(高値113.18円)。しかし、その後トランプ米大統領がツィッターで、「金利が上昇しているのはうれしくない」「人民元が下落してドルが上昇するのは米国にとって不利」と発言したことから、急速にドル売りが強まり、112.05円まで急落しました。この日の値幅は1円13銭でした。

 前日のツイートに続き、再びFRB(米連邦準備制度理事会)の利上げ批判や、「中国やEU(欧州連合)は自国通貨を操作している」と為替操作への不満を発したトランプ大統領。さらに、日銀が長期金利誘導目標の柔軟化を検討との報道があったことで翌20日(金)は、ドル売りが一段と強まり、111.38円まで円高となりました。この日のドル/円の高値は112.62円、安値は111.38円となり、一日の値幅は1円24銭となりました。

 そして今週月曜日の東京市場で110.75円まで売り込まれたことから、この3日間で2円43銭の円高となりました(高値113.18円-安値110.75円)。

 細かいドル/円の数字を並べていますが、大きな値動きのときには細かく描写することにしています。なぜなら、今後、これらのポイントが相場の上げ下げの中で節目になる可能性もあるからです。海外勢を含めた多くのマーケット参加者は「113.18円 → 112.05円 → 112.62円 → 111.38円 → 110.75円」、これらのポイントを意識していることが予想され、これらのポイントの前後で、ドルの買い注文や売り注文が集中する可能性があるため節目になりやすいと言えます。

 

トランプ大統領の為替ツイートを振り返る

 先々週、1週間かけて円安となった値幅は2円50銭でした(110.30円 → 112.80円)。この値幅とほぼ同じ値幅がトランプ大統領のぼやき(ツイッター)で吹っ飛びました、しかも3日間で。

 トランプ大統領はプーチン露大統領との会談後、その説明が二転三転したため支持率が下がりました。その問題から国民の目をそらすために、新たな問題を矢継ぎ早につぶやいたのかもしれません。「ぼやき」のように聞こえるこれらの発言の一部を原文で確かめますと、

“China, the European Union and others have been manipulating their currencies and interest rates lower, while the U.S. is raising rates while the dollars gets stronger and stronger with each passing day.”

“The United States should not be penalized because we are doing so well. Tightening now hurts all that we have done.”

 このように、中国とEUが為替操作をしている一方で、米国は利上げをし、ドルはどんどん強くなっていると不満を露わにしています。そして利上げは我々の(経済)成果を台無しにすると厳しく批判しています。

 しかし、為替操作やドル高への不満は、今に始まったばかりではなくこれまでも発言していることに留意しておく必要があります。例えば、大統領就任早々の昨年1月には、トランプ大統領はドル高についてこういう発言をしています。 

 2017年1月17日付の「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙が掲載したインタビューで「我々の通貨(ドル)は強すぎる。米企業は(中国勢と)競争できない」。

 また、同日の電子版では、「ドルを押し下げる」「強いドルを持つことは有利な面もあるが、多くの不利な点も抱える」とドル高をけん制しています。

 為替操作については、同じく昨年1月31日に「他国は資金供給(money supply)と通貨切り下げで有利な立場にある。中国や日本は何年も市場で通貨安誘導を繰り広げ、米国がばかをみている」と、中国と同列で日本の為替政策を強く批判しています。

 今回のつぶやきでは、日本が名指しにされていないからと、安心するのは時期尚早です。原文でみると、中国とEUだけでなく、「others」と他の国も対象にしていることが分かります(”China, the European Union and others”)。日本は直接的には名指しされていませんが、過去の発言で触れていることから、日本が含まれている可能性が十分推測できます。

 IMM(シカゴ・マーカンタイル取引所の国際通貨先物市場)通貨先物の円ショートは、7月17日までの週で5万8,650枚に増加しており、今年3月以来の高水準となっていました。110円台から113円台まで先導したこの投機的な円ショートは、この数日の円高でこなされた感があります。

 しかし、今週27日(金)は米国4~6月期のGDP(国内総生産)発表が控えており、かつ4%超と強気の見方が大勢であるため、円ショートはまだ残っているもようです。

 アトランタ地区連銀の18日時点の4~6月期GDP予想は4.5%と強気の数字です。

 しかし、4%超の強い数字が出ても、節目である戻り高値の112.62円を超えなければ、先週の113円台は当面の高値になるとみて、円ショートポジションを手仕舞いしてくるかもしれません(円高圧力)。

 トランプ大統領のツィッター発言は、まだ「ジャブ」であり、ロシア問題で支持率が低迷し、貿易摩擦によって国民の不満が高まってくれば、夏場にかけて強めのパンチを繰り出し、通貨安批判を一層強めるかもしれません。そのときは日本にも言及する可能性があり、警戒する必要がありそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください為替誘導する!?トランプのツイッターから金融政策の行く末を占う

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

為替誘導する!?トランプのツイッターから金融政策の行く末を占う

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。