facebook twitter
日本住宅公団が発足【63年前の7月25日】
トウシル編集チーム
今日、あの日
今日は何の日? 経済、政治、社会に影響を与えた、今日同じ日の歴史を、当時の日経平均株価、ドル/円の為替レートとともに振り返ります。

日本住宅公団が発足【63年前の7月25日】

2018/7/25

63年前の今日… 

1955(昭和30)年7月25日

日本住宅公団発足、高度成長を下支え 

夫婦と子ども二人を想定した3DKタイプが人気だった

 今から63年前の1955年7月25日、日本住宅公団が発足しました。今の「UR都市機構」(都市再生機構)です。大量の住宅を建設して労働力を都市部に供給する役割を果たし、日本の高度経済成長を下支えしました。       

 当時は終戦から10年。日本経済が急成長期に入り、都市部では大量の労働力を必要としました。有利な仕事を求める若者が地方から都市部へ大量に流れ込んだのです。       

 当然、慢性的な住宅不足が発生します。そこで、建設省(現・国土交通省)が日本住宅公団を立ち上げ、大規模な住宅開発に乗り出しました。       

 日本住宅公団が造った鉄筋コンクリートの集合住宅は「公団住宅」と呼ばれ、大人気でした。5階建て前後の中層階の集合住宅が何棟も並ぶ団地の周辺には、学校や郵便局も設置され、さながら一つの自治体のような風景になりました。       

 日本住宅公団は組織改編を経て、「UR都市機構」として業務を続けています。全国の管理戸数は73万戸。世界最大級の家主です。

1955年7月25日の日経平均株価は

353円42銭

算出開始後「7月25日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:29回

値下がり:27回

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日本住宅公団が発足【63年前の7月25日】

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日本住宅公団が発足【63年前の7月25日】

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。