facebook twitter
ショック相場を予知!?「炭坑のカナリア」=ジャンク債ETFはすでにピークアウト
石原 順
外為市場アウトルック
数社の海外ファンド運用に携わる現役ファンドマネージャー・石原順のレポートです。相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や豊富な海外情報ネットワークを用いて、為替市場のい…

ショック相場を予知!?「炭坑のカナリア」=ジャンク債ETFはすでにピークアウト

2018/7/20
・円独歩安相場
・変動率という意味では8月相場は注意を要する月である
・米国株はつまるところFAANGである
・炭坑のカナリアの観察
・ほとんどの資産がもはや値を上げていない
facebook twitter メールで送る 印刷

円独歩安相場

 ドル/円相場は現在、日足も週足も買いトレンドが点灯しており、ドル/円は買いシグナルが点灯している。7月18日には113円13銭まで上昇してきた。

ドル/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダーADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ドル/円(週足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダーADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

 

 ドル高相場と言われているが、ユーロ/ドル、ドル/スイス、ポンド/ドルの日足をみると、今はトレンド(方向性)のない横ばい相場である。その中で円だけが独歩安(どっぽやす)相場になっているということは「通貨間の相関性が喪失している」ということであり、円安の賞味期限を考えながら相場に取り組むことが必要だろう。

ユーロ/ドル(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダーADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ドル/スイスフラン(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダーADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

ポンド/ドル(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ
中段:ワイルダーADX(14)=黄・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド
出所:MT4 石原順DVD『石原順のボラティリティトレードシグナル』

 

 ドルの総合的な強弱感を示すドルインデックス先物の動きをみると、ADXも標準偏差ボラティリティも下落中であり、調整はかなり進んでいるものの、調整相場が継続している。

ドルインデックス先物(日足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)
出所:石原順

 

 ドルが明確な方向性を持てないのは米国の長期金利がまったく上がらないからである。FF(政策)金利と連動する2年国債の金利は現在若干上げ基調となっているが、ドル相場と連動性の高い10年国債金利はどちらかというと下落基調だ。

米2年国債金利(日足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)
出所:石原順

米10年国債金利(日足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)
出所:石原順

 

 現在、米5年・10年国債先物の大口建玉は、歴史的な規模の売りポジションがたまっている。投機筋は米国の金利上昇に賭けているのだ。この売りポジションが何かの要因で買い戻しを迫られたとき、米国の金利は上昇するどころか低下してしまうリスクを抱えている。ここが相場の難しいところだ。

米5年・10年国債先物大口建玉

 歴史的な規模の売りポジションが積み上がっている…

出所:マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート  The Gloom, Boom & Doom Report・国内代理店パンローリングの掲載許可をとって掲載

 

変動率という意味では8月相場は注意を要する月である

 ドル/円およびクロス円市場は「円の上昇時に変動幅が拡大し、円の下落時に変動幅が縮小する」という市場の構造を持っている。(特に変動幅縮小の過程では円安になりやすいというのが円相場の特徴である)通貨オプション市場をみているとよくわかるのだが、ユーロ /ドルやポンド/ドルにはこのような構造はない。

 変動率という意味でいうと8月相場は注意を要する月である。夏枯れの薄商いのなか、何年かに一度急激な変動が起こる月なのだ。

 下の「米ドル/円・豪ドル/円・NZドル/円・カナダドル/円 月別平均騰落率表(過去20年) 」をみてみると、8月相場は円高バイアスの強い月だということがわかる。また、「NYダウ・日経平均 月別騰落率(過去20年)」をみると、近年の相場では株式市場も8月はパフォーマンスが良くない。

米ドル/円・豪ドル/円・NZドル/円・カナダドル/円 月別平均騰落率表(過去20年) 

 8月は円高バイアスの強い月!?

出所:石原順

NYダウ・日経平均 月別騰落率(過去20年)

 歴史的に5月・9月・10月はボラティリティが上がるが、近年の相場は8月が危ない

出所:石原順

大統領選挙2年目のNYダウの合成サイクル(過去116年)

8月頭に天井をつけて、11月半ばに買い場が来るというパターン

出所:ラリー・ウィリアムズ「フォーキャスト2018」ラリー・ウィリアムズおよび国内代理店パンローリングの掲載許可をとって掲載

 

 下のチャートは米著名投資家ラリー・ウィリアムズの「エキスパート」という順張り売買システムだ。売りか買いかのポジションを常に持つという、この途転(ドテン)売買システムをみると、ドル/円は買いトレンド相場が続いている。

ドル/円(日足) ラリー・ウィリアムズの「エキスパート」

上段:トレンドライン
下段:青=買いトレンド期・赤=売りトレンド期
出所:石原順

 

 だが、当のラリー・ウィリアムズは7月14日のラリーTVで、「日本円は通貨の中では強い方ではありません。それでも、ボトムが間近に迫ってきています。そこで、買いシグナルを探すべきでしょう。もちろん、ロングするのであれば他によい通貨があります。」と述べており、ここからは円高への相場転換を気にしているようだ。

日本円通貨先物(日足)とラリー・ウィリアムズの分析

出所:ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)ラリー・ウィリアムズおよび国内代理店パンローリングの掲載許可をとって掲載。著作権のため、チャートおよび文章の一部を隠しています

ドル/円(週足)価格帯別出来高

出所:MT4

 

米国株はつまるところFAANGである

 Dr.Doom(陰鬱博士)と呼ばれる著名ファンド運用者マーク・ファーバーは「この相場は一発屋の芸能人のビック5(アップル・マイクロソフト・アマゾン・グーグル・フェイスブック)やFAANG(フェイスブック・アップル・アマゾン・ネットフリックス・グーグル)で盛り上がっているようにみえる。投資家は少数の銘柄が指数を高値に押し上げているのを懸念すべきである」と警鐘を鳴らしている。

 それについては、いろいろ議論があるだろう。しかし、米国株とはつまるところ、FAANGの動き次第なのだ。

S&P495とビッグ5(2013年~2017年)(ビック5:アップル・マイクロソフト・アマゾン・グーグル・フェイスブック)

「S&P500は2013年中旬以降、年率わずか6.1%に過ぎない。一方、ビッグ5指数は同期間に57.3%とべらぼうに高い評価をされている」

出所:マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート  The Gloom, Boom & Doom Report・国内代理店パンローリングの掲載許可をとって掲載

 

 非常に脆弱な構造ではあるが、米国株が上がるか下がるかはFAANG次第なのである。そして、日本株が上がるか下がるかは、基本的に米国株次第だ。

日経平均(黒)とNYダウ(緑)の推移

最近の相場では値動きの相関関係が高い

出所:石原順

フェイスブックCFD(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ
中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)
下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ
出所:パンローリング カスタムチャート

アップルCFD(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ
中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)
下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ
出所:パンローリング カスタムチャート

アマゾンCFD(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ
中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)
下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ
出所:パンローリング カスタムチャート

ネットフリックスCFD(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ
中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)
下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ
出所:パンローリング カスタムチャート

グーグルCFD(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ
中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)
下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ
​出所:パンローリング カスタムチャート

 

炭坑のカナリアの観察

 では、米国株相場に死角はないのだろうか?

 マーク・ファーバーの指摘では、「経済的・企業的収益減少の可能性を伴いながら世界経済が冷え込むというシナリオでは、米国株を安全な逃避先と仮定するのは重大な誤りであろう。米国株のテクニカル的条件は悪い。外国株よりも高い評価がされていることを考えれば、私の意見では、外国株よりも脆弱ではないとしても、同じくらい脆弱だ。2月初めから私はS&P500の2018年高値(1月26日の2872)が大天井だと主張している。その後、広い範囲で米国株が値を下げ始めた(図17)。」という。

NYSE52週新高値の10日移動平均線(2015年~2018年)

出所:マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート  The Gloom, Boom & Doom Report・国内代理店パンローリングの掲載許可をとって掲載

 

 景気の先行指標を観察してみよう。「不景気になると最初に売られる」と言われる銅価格の先物の動きをみると、「パリセイド・リサーチ社のSKEG指標と銅市場の当業者(銅をかなり売り込んでいる)が正しいとすれば、世界経済は大きく減速しそうだ」(マーク・ファーバー)(図16)。

銅価格と当事者(実需筋)売り玉の割合(2013年~2018年)

出所:マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート  The Gloom, Boom & Doom Report・国内代理店パンローリングの掲載許可をとって掲載

 

 米国の景気の先行指標は住宅である。住宅株のKBホームは金融危機(リーマンショック)前の2005年に既に天井を付けていたのである。第2四半期の米経済は好況が続いているということになっているが、こうした状況は長く続かないかもしれない。米住宅市場バブルは供給制約や地価高騰が原因ですでにピークアウトの兆しを見せている。KBホームの株価も下がってはいないが週足はすでにじり貧の道を歩んでいるように思える。

KBホーム(月足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑)
出所:石原順

KBホーム(週足)

上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑)
出所:石原順

 

 ジャンク債ETFのHYG(iBoxx $ High Yid Corp Bond ETF)は、2008年の金融危機(リーマンショック)の時も、2015年のチャイナショックの時も事前に急落した。「ジャンク(くず)債」という名が示す通り、デフォルト(債務不履行)の可能性が高いゆえに高利回りの社債で構成される上場投信(ETF)で、上昇相場では買われるが、下落リスクが出るといち早く売られるので、事前に危機を伝える「炭鉱のカナリア」と呼ばれている。このジャンク債相場が崩れない限り、バブル金融システムは延命しているということだが、ジャンク債は上げ基調相場はすでに終わっており、今年はずっと横ばい相場になっている。

ジャンク債ETFのHYG(日足)

出所:石原順

 

ほとんどの資産がもはや値を上げていない

 ホラティウスの『詩論』の言葉どおり、「失意のどん底にある者はやがてよみがえり、得意の絶頂にある者はやがて没落する」がマーク・ファーバーの投資哲学である。

「世界経済の減速・後退、国際的な流動性の縮小、資産価値の低下、工業品価格の下落という想定のもと、私が提案しているのは、米ドルの現金保有と米国債の積立である。」という究極の逆張り投資家マーク・ファーバーは基本的にバブルの終わりと次の買い場を待っているようだ。

「特に投資家は資産デフレが実際の経済活動に及ぼす影響に注意を払うべきだ。ほとんどの資産(不動産、高利回り債、大半の世界株など)が、もはや値を上げていない。したがって、実際の経済活動への影響が深刻に感じられるだろう。株式で大きなリスクを取っている投資家はポジションの軽減を提案したい。」(マーク・ファーバー)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいショック相場を予知!?「炭坑のカナリア」=ジャンク債ETFはすでにピークアウト

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ショック相場を予知!?「炭坑のカナリア」=ジャンク債ETFはすでにピークアウト

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。