facebook twitter
中国オンラインゲーム・セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国オンラインゲーム・セクター

2018/7/20
中国工業情報化部の統計によると、国内オンラインゲーム市場(モバイルゲーム、インストールゲーム、ブラウザゲームを含む)の売上規模は18年1~5月に前年同期比25%増と、これで2カ月連続で減速した(1~3月は33%増、1~4月は28%増)
facebook twitter メールで送る 印刷

人気ジャンルの変化で国内売り上げが減速傾向、“2強”体制続く

 中国工業情報化部の統計によると、国内オンラインゲーム市場(モバイルゲーム、インストールゲーム、ブラウザゲームを含む)の売上規模は18年1~5月に前年同期比25%増と、これで2カ月連続で減速した(1~3月は33%増、1~4月は28%増)。BOCIはサンドボックス型FPS(サンドボックス=舞台となる世界を自由に動き回って探索・攻略できるタイプのゲーム、FPS=一人称視点のシューティングゲーム)人気を受け、MOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)ゲームにしわ寄せが及んだことが市場全体の減速を招いたとの見方。FPS部門では今も、マネタイズ(収益事業化)の点で不確実性が存在すると指摘した。サンドボックスFPSモバイルゲームの場合、月間アクティブユーザー(MAU)当たりの月間平均課金は現在、推定2~3元程度と、MOBAの10~15元、MMORPGの100元超を大きく下回るという。ただ、サンドボックスFPSのマネタイズの潜在性は大きく、業界全体がその方法を模索している状況。例えば第三者視点のシューティンングゲーム『フォートナイト』の場合、MAU当たりの平均課金額がすでに2.5米ドルを記録している(PCやゲーム機、スマホを含む)。

 オンラインゲームの売上伸び率が減速する半面、ゲーム利用時間は引き続き伸びており、モバイル・オンラインゲームの総時間数は18年1~3月期に前年同期比32%増。FPS人気が奏功したという。こうした人気ジャンルの変化は短期的に売り上げの減速につながるが、BOCIによれば、長期的にはプラス。長期視点で見れば、オンラインゲーム業界の成長はプレイ時間数主導型であり、新たなゲームジャンルの台頭に支えられている部分が大きいという。このほか、1~5月の減速の一因とされるのは季節要因。4~6月は公休日や長期休暇が少なく、ゲーム売り上げが伸び悩む傾向がある。

 中国のオンラインゲーム市場の勢力図を見ると、最近ではテンセント(00700)、ネットイース(NTES US)という“2強”への集約化が一段と鮮明になっている。18年3月以降は、この2強がiOSトップセールスランキングの上位10作品をすべて分け合う状況となっており、BOCIはこうしたトレンドが当面続くと予想。その理由として、ユーザー取得コストやゲーム開発費の増大を挙げた。

 個別では、BOCIはテンセントとIGG(00799)の株価の先行きに対して強気見通しを示し、ネットイースについては中立見通しを付与。テンセントについては18年4~6月のモバイルゲーム収入、PCゲーム収入をそれぞれ195億元(前年同期比32%増)、138億元(前年同期比1%増)と推定。モバイルゲーム部門のシェア拡大や広告費・その他収入の伸びを理由に、同社をゲームセクターのトップピック銘柄とした。IGGについては18年上期に前年同期比39%の増収を予想。現在株価の低バリュエーション(18年調整後予想PERで8.8倍)を強気見通しの理由としている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国オンラインゲーム・セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国オンラインゲーム・セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。