お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国医療セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国医療セクター

2018/5/23
BOCIは「サウスバウンド・トレーディング」(港股通)による医療関連銘柄の売買状況を分析し、その結果を以下の通り報告している
facebook twitter メールで送る 印刷

本土からの香港株投資、業界大手や“創新”銘柄が人気、保有高では石薬集団が最大

 BOCIは「サウスバウンド・トレーディング」(港股通)による医療関連銘柄の売買状況を分析し、その結果を以下の通り報告している。サウスバウンドは本土・香港の相互株式取引制度「滬港通」(上海-香港)、「深港通」(深セン-香港)を通じた本土からの香港株売買を指す。

 それによると、5月15日現在、サウスバウンド資金の株式保有高トップ5は、石薬集団(01093)、中国生物製薬(01177)、緑葉製薬(02186)、三生製薬(01530)、上海医薬集団(02607)。当該企業の浮動株全体に占めるサウスバウンド資金の持ち株比率では、金斯瑞生物科技(01548)、緑葉製薬、環球医療(02666)が上位。唯一、緑葉製薬だけが、保有高、持ち株比率という2つの指標でトップ5に入った。

 2018年年初との比較では、大半の医療銘柄においてサウスバウンドの株式保有高が上向いたが、例外は上海復星医薬(02196)、康哲薬業(00867)、中国神威薬業(02877)。また前月比で見た場合、サウスバウンド・トレーディングが売り越しとなったのは、中国神威薬業、康哲薬業、北京同仁堂科技(01666)、中国生物製薬、石四薬集団(02005)だった。

 サウスバウンド・トレーディングでは、国内業界大手や革新的なパイプライン(新薬候補)を持つ製薬会社など、国内政策を追い風とした銘柄の人気が高い。中国政府は製薬業界のイノベーションを奨励し、新薬の審査認可を加速させるなどの支援方針を明らかにしている。

 MSCI中国ヘルスケア指数のフォワードPERは現在、ほぼ5年ぶりの高水準にある。セクター全体の再評価が進む中、BOCIが有望視しているのは、◇利益見通しが明確な銘柄、◇多様性が高く、短期的にパイプラインの収益寄与が見込めるディフェンシブ銘柄。個別では三生製薬、上海復星医薬がこれに該当するとしている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

桐谷広人
投資の失敗
日本株
老後破綻

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国医療セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国医療セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
ボーナス投資  
桐谷広人
 
老後破綻

 
株主優待
 
投資の失敗
 
インタビュー
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。