「指値(さしね)注文」の賢い使い方を、きちんと理解している方が意外と少ないので、今日はそこをしっかり解説します。

「指値注文」の意味を復習

 株式を売買するときの注文の出し方は、いろいろあります。もっともよく使われるのが、指値注文と成行(なりゆき)注文です。この2つの注文方法を、しっかり理解して、適切に使い分けられるようにすることが大切です。

 指値注文とは、「銘柄」「価格」「株数」を指定して、「買い」または「売り」の注文を出す方法です。たとえば、取引時間中、801円の株価がついている以下のA社株に対し、以下のような指値注文が入っているとします。

A社株の取引時間中の板情報

 

 板(いた)情報とは、売買注文がどう入っているか示すものです。上記のA社では、801円に9,200株、802円に12,500株、803円に13,200株の売り指値注文が入っています。また、799円に2,300株、798円に5,200株、797円に8,400株の買い指値注文が入っています。

買い注文の入れ方:5つの戦略

買い注文の入れ方【1】 下値に買い指値を入れる

 上記の板状況でA社株を買おうとするとき、「797円で100株の買い」のように、現値よりも下に、買い指値を入れることもできます。

 ただし、その場合は、株価が797円まで下がらないと、買えません。株価が797円まで下がっても、すぐに買えるわけではありません。先に入っている買い指値注文8,400株がすべて約定(やくじょう)した後、さらに797円で売り注文が入れば、その時、797円で買えます。

 もっと早く買いたい時は、どうしたら良いでしょう?

買い注文の入れ方【2】 先頭に買い指値を入れる

「800円で100株の買い」というように、今、見えている買い指値よりも上に買い指値を入れることもできます。こうすれば、800円以下の売り注文が入ったときに、最初に約定します。ただし、800円以下で売る注文が入らないと、買うことはできません。。

 すぐに買いたい場合は、どうしたら良いでしょう?

買い注文の入れ方【3】 売り指値のあるところに買い指値する

「801円で100株の買い」というように、今、売り指値が入っているところに、買い指値することもできます。場にある指値注文が変わらなければ、801円で100株買えます。

 ただし、一瞬先に、801円以上で9,200株以上買い注文が入ってしまうと、801円の売り指値はなくなるので、買うことはできません。その場合は、801円で100株の買い指値注文として、場に残ります。

 より確実にすぐ買いたい場合は、どうしたら良いでしょう?

買い注文の入れ方【4】 上値に買い指値を入れる

「803円で100株の買い」というように、上値に指値を入れることもできます。場にある指値注文が変わらなければ、801円で100株買えます。

「803円で買い指値したら、803円で買えてしまう」と勘違いしている人もいます。803円の買い指値注文とは、正確に言うと、「803円以下のもっとも有利な価格で買う」注文です。

 801円に売り指値があれば、801円で買えます。801円に買い指値するのと、結果は同じです。

 それでは、801円ではなく、あえて803円に買い指値する意味は何でしょう? それは、一瞬先に、801円や802円の売り指値を買われてしまった時でも、803円で買うことができるということです。

 価格を指定しないで確実に買うには、どうしたら良いでしょう?その場合は、指値ではなく、成行で買い注文を入れます。