facebook twitter
日銀のチーズはどこへ消えた?「達成時期」削除後の日本の行方
ハッサク
ハッサクのなるほど為替超入門
毎週水曜日に新着公開。為替ディーリング歴22年のベテランが、「円高とは?」「外国為替とは?」など為替の基礎知識から、リアルマーケットの分析に至るまで、投資入門者にもわかりやすく解…

日銀のチーズはどこへ消えた?「達成時期」削除後の日本の行方

2018/5/2
・日銀のたどり着く出口はどこなのか
・なかなか終わらない宿題
・目標時期を変更
・米国と日本の経済偏差値は広がる?
facebook twitter メールで送る 印刷

日銀のたどり着く出口はどこなのか

 今回も引き続き、シリーズ日銀のお話しです(前回前々回のレポート)。

 というのは、黒田新体制となって初めての金融政策決定会合が4月26~27日に開催され、ここで、ある非常に重要な変更の発表があったからです。この後、為替相場に直接的な影響はなかったのですが、今後の日銀のスタンスを把握するためにも重要な変更事項でした。

 金融政策決定会合では政策変更はなく、大規模金融緩和の現状維持が決定されました。しかし、黒田東彦日銀総裁が2013年就任直後に掲げた「2%の物価目標の達成時期」については、年4回公表される「展望レポート」の中で、今回削除されました。黒田1期目では当初、達成時期は「2年程度」と掲げていましたが、2%にはなかなか届かないことから、達成時期を6回も先送りし、現在では「2019年度頃」となっています。

 つまり、前回2018年1月に公表された展望レポートの中では、物価の中心的な見通しについて、「今回の物価の見通しを従来の見通しと比べると、概ね不変である。2%程度に達する時期は、2019年度頃になる可能性が高い」と明記されていましたが、今回2018年4月公表の展望レポートでは、「2019 年度までの物価見通しを従来の見通しと比べると、概ね不変である」と明記されただけで、「2%程度に達する時期は、2019年度頃になる可能性が高い。」との文言が削除されたのです。

 黒田総裁はこれを削除した理由として、「物価の先行きにはさまざまな不確実性がある中で、数字のみに過度な注目が集まることは必ずしも適当とは言えない」と説明しています。

 当初は目標達成時期を明確に示すことによって、これから物価が上昇するという期待を誘発し、世の中の物価見通しを押し上げようとの思惑はあったと思われますが、結果的には就任直後に掲げた「2年程度」とした達成時期が、何回も先送りされたことによって市場の信頼を失いました。市場では、先送りされるたびに追加緩和観測が浮上し、市場に影響を与えていました。

 

なかなか終わらない宿題

 今回の削除によって市場の思惑や影響はなくなることになります。市場は、達成時期の削除は追加緩和姿勢が後退したとは受け止めていないようです。反対に、時期を定めないことによって金融緩和が当面続くという見方が多いようです。

 また、「達成時期」を明示することが重荷になっていた日銀にとっても、今回の時期文言の削除によって政策の柔軟性を取り戻したようです。日銀が、政策運営の柔軟性を取り戻したということは、物価目標の2%についても、この先、変更の可能性があるかもしれないとの推測もできます。

 達成時期の削除は、そのための布石とも捕らえることができます。

 3月の日本の消費者物価は前年比+0.9%に留まり、目標の2%には遠い状況です。もし、物価目標が下がれば、出口への検討が早まるかもしれません。

 

目標時期を変更

 黒田総裁は達成時期を削除しても、目標も見通しも「全く変わっていない」と説明していますが、今回の展望レポートによる物価見通しでは、下表の通り政策委員は物価の先行きに弱気になっていることが示されています。

政策委員による消費者物価指数見通し(中央値)

注:2019年度以降は消費税引き上げの影響を除いた見通し

 2020年度になっても物価見通しは1.8%で2%には達しない見通しとなっています。しかも中央値こそ1.8%ですが、9人のうち4人の委員は1.3~1.7%と予想。また9人中8人の委員が下振れリスクが大きいと考えているということです。これでは、2020年度になっても2%の目標達成はほど遠いでしょう。

 前回お話したシナリオの中で、「2%目標が達しないか、遠のく」ケースとなり、金融緩和は継続し、出口への議論はかなり遠くになるということになります。

 黒田総裁が3月の会見で、「2019年度頃には2%程度に達するとみている。当然のことながら出口をそのころ議論することは間違いないと思う」と、初めて出口戦略の時期について発言しましたが、2カ月も経たずにその内容は変更となりました。

 

米国と日本の経済偏差値は広がる?

 米国の長期金利が3%に上昇し、物価も上昇していることから米国の利上げペースが早まる可能性があります。一方で、日銀の物価見通しは2020年度になっても目標の2%には達せず、かつ下振れリスクの方が大きいという判断の下では金融緩和が当面続くことが予想されます。

 そうなると、ドル/円に与える影響としては、ドル高、円安ということになりますが、今回の展望レポート公表後は、それほどドル高、円安にはなっていません。今後はFRB(米連邦準備制度理事会)の利上げペースに、より左右されやすい相場つきとなるかもしれません。

 5月はGW(ゴールデン・ウィーク)に為替が荒れ相場になるとの見方があります。しかも、円高に振れやすいとの見方です。確かに2010年の動きは印象的でした。GW明けに、NYダウの約1,000ドル大暴落のパニック的な売りによって、数時間で5円超の円高となりました。

 しかし、過去10年を調べてみると、GW中は必ずしも円高ということはなさそうです。5月の安値をGW中につけたのは10年間で2010年、2011年と2016年の3回だけです。ただ、5月半ばまでの円高だと7回となるため、GW中の円高警戒というよりも5月中旬までの円高を警戒した方がいいのかもしれません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください日銀のチーズはどこへ消えた?「達成時期」削除後の日本の行方

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

日銀のチーズはどこへ消えた?「達成時期」削除後の日本の行方

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。