facebook twitter
米労働市場に『需給のミスマッチ』はあるか?
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

米労働市場に『需給のミスマッチ』はあるか?

2018/4/27
・求人件数、採用件数とも拡大基調を続けている
・労働需給の不均衡を測るミスマッチ指数
・米国労働市場に『需給のミスマッチ』は見られない
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

 米国の労働省が公表している「雇用統計」には、採用件数や離職件数等のデータがなく、雇用者数の変動が、採用の増減によるものか、あるいは離職者の増減によるものかまではわかりません。これを補う統計として作成されているのが、同じく労働省の「雇用動態統計」(JOLTS)です。JOLTSには、採用件数、離職件数のほか求人件数の統計も含まれているため、労働需給や需給の変動要因を捉えることが可能です。

 

【ポイント1】求人件数、採用件数とも拡大基調を続けている

最近では求人件数が採用件数を上回る

 最新のJOLTS (Job Openings and Labor Turnover Survey)によれば、18年2月における米国の求人数は605万件、採用件数は551万件、離職件数は519万件でした。それぞれ09年7月の220万件、09年6月の368万件、10年10月の378万件を底に増加を続けています。

 求人件数と採用件数を比較すると、15年辺りから求人件数が採用件数を上回り、その後、両者の差は広がる傾向にあります。強い求人(労働需要)に労働供給が追いついていないもようです。

 

【ポイント2】労働需給の不均衡を測るミスマッチ指数

求人数と求職数のかい離を測る指標

 仮に労働需給にミスマッチが生じているならば、それを是正しようとする力が働き始めます。このような調整の圧力が強まってくると、景気後退に陥る可能性が高まります。それでは、実際に米国の労働市場で『需給のミスマッチ』は生じているのでしょうか?

 労働需給の不均衡を測る指標に、労働需給ミスマッチ指数があります。この指数は、求人数(労働需要)と求職数(労働供給、求職数の統計はないので失業者数で代理)がどの程度かい離しているのかを、業種ごとに測定、統合し、指数化したものです。

 

【今後の展開】米国労働市場に『需給のミスマッチ』は見られない

 求人数が収録されているJOLTSが遡れる01年以降で見ると、労働需給ミスマッチ指数が上昇に転換すると、つまり労働需給の不均衡が拡大の方向に進むと、間もなく米景気が後退に陥っているのがわかります。

 労働需給ミスマッチ指数は15年に上昇しましたが、16年の年初には再び低下し、その後も低い水準で推移しています。同指数から判断する限り、米労働市場に『需給のミスマッチ』はなく、米景気が近い将来、後退に陥る可能性は低いと見られます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米労働市場に『需給のミスマッチ』はあるか?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米労働市場に『需給のミスマッチ』はあるか?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。