お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国自動車セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国自動車セクター

2018/4/18
中国の習近平国家首席は4月10日、「博鰲(ボアオ)アジアフォーラム」の基調演説で国内経済の対外開放方針を示し、自動車輸入関税を年内に“大きく”引き下げる方針を示した
facebook twitter メールで送る 印刷

「対外開放」で自動車関税率引き下げへ、輸入車ディーラーに有利

 中国の習近平国家首席は4月10日、「博鰲(ボアオ)アジアフォーラム」の基調演説で国内経済の対外開放方針を示し、自動車輸入関税を年内に“大きく”引き下げる方針を示した。また、自動車合弁メーカーの外資側の出資比率制限もできるだけ早期に見直すとの方針を表明。BOCIは、米中貿易摩擦が激化する可能性は後退したとみている。

 中国政府が自動車輸入関税を現行の25%から、15%、10%に引き下げた場合、BOCIの試算では、国内でのメーカー希望小売価格(MSRP)はそれぞれ8%、12%低下する。例えば「BMW X5 xDrive 28i」のMSRPは現在の75万8,000元から、69万7,400元(15%を想定)、66万7,000元(10%を想定)に値下がりする見込み。そうなれば、輸入車の価格競争力が強まり、輸入車を扱う中升集団(00881)、中国永達汽車服務(03669)、中国正通汽車服務(01728)などのカーディーラーに有利となる。特に国内で生産されていないレクサスやポルシェを扱うディーラーに恩恵が及ぶ見通しという。

 一方、海外有力ブランドの生産を手掛けるブリリアンスBMW、北京ベンツなどの合弁メーカーにとって、輸入関税の引き下げはややマイナスとなる可能性が高い。今のところ、国内生産車と同型のモデルは中国側パートナーの合意なしでは輸入できず、さらにBMW5やベンツEシリーズといった主要な合弁生産車は国内ユーザーの志向に合わせてカスタマイズ済み。ただ、関税引き下げが実施されれば、ほぼ同型の輸入車と国内生産車との価格はやはり接近する。BOCIはこれにより、特に「BMW X5」など、大型モデルのローカル化計画が延期される可能性があるとした。半面、広汽ホンダ、広汽トヨタ、東風日産を含むマスマーケット向け車種に関しては、中国側の価格決定力が強く、中外双方の関係も緊密であるとの理由から、関税引き下げによる影響は軽微とみている。

 もう一つ、自動車合弁事業における外資側出資制限の見直しに関しては、今のところ詳細は不明だが、BOCIは既存事業への影響は限定的との見方。従来型車種の合弁事業はすでに歴史が長く、成熟度が高いことなどをその理由に挙げた。一方、新エネルギー車(NEV)などの新規分野には影響が及ぶとみて、海外有力メーカーによる中国現地生産が加速する可能性を指摘している。うちテスラは自由貿易区に単独出資の現地法人を設立する計画であり、すでに上海政府との協議が進行中だ。このほか、吉利汽車(00175)に代表される中国地場系メーカーに関しては外資制限の見直しによる直接的な影響はなく、むしろ今後の競争激化を受けた業界統廃合の加速がプラスに働く見通しという。

 BOCIは個別では、吉利汽車(00175)、ブリリアンス・チャイナ(01114)、広州汽車集団(02238)の株価の先行きに対して強気の見方を明らかにしている。香港上場の本土自動車(完成車)メーカーの株価は現在、2018年予想PERで8.6倍。ほかにディーラー銘柄が同7.4倍、部品メーカーが同13.5倍の水準にある。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国自動車セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国自動車セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。