59年前の今日…

1959(昭和34)年4月20日

東海道新幹線の起工式が行われる

日本列島を駆け抜け、進化していく新幹線

 

 1959(昭和34)年4月20日、東海道新幹線の工事をスタートさせる起工式が新丹那トンネル熱海口で行われました。

 高度経済成長期にあった当時の日本は、物流を担う幹線道路が慢性的に渋滞し、東海道本線上を走る列車もまさに分刻みの運行でも、まだ輸送力が足りない状態でした。これを解消するべく計画された東海道新幹線。当時は貨物列車も走らせる計画がありました。そして、東京~大阪間の約500キロメートルを結ぶ大規模な建設には3,800億円かかるとして、日本政府は世界銀行から8,000万ドルの借り入れを行っています。

 そして、着工から5年後となる1964(昭和39)年10月1日、東京オリンピック開会直前に開業しました。当時、世界最速の長距離鉄道として世界的にも注目を集めました。

 

1959年には何が…

1959年の2月8日、黒部トンネルが開通し、4月10日に今上天皇(当時は皇太子)の成婚式が行われました。9月26日に伊勢湾台風が襲い、死者・不明者5,098人という未曾有の被害を残しました。

 

1959年4月20日の

  • 日経平均株価終値は、746.15円
  • 為替相場ドル/円は、1ドル360円(固定相場制)

​【今日、あの日】4月19日を読む ≫≫