facebook twitter
世界シェア4位!若者がハマる韓国の仮想通貨事情
フィスコ
知っておきたい仮想通貨
ちゃんと、もっと、さらに、いまさら? 知っておきたい仮想通貨(ビットコイン)

世界シェア4位!若者がハマる韓国の仮想通貨事情

2018/3/7
・韓国のビットコイン取引シェアは第4位
・取引の中心は一攫千金を目指す若者
・韓国政府の仮想通貨への対応
・仮想通貨市場における韓国の影響力
facebook twitter メールで送る 印刷

韓国のビットコイン取引シェアは第4位

 2018年2月末現在、ビットコインの取引シェアのトップは日本円で約50%、次いで米ドル約24%、続いてUSDT約14%、第4位に韓国ウォンが約5%でランクインしています。

 韓国でのビットコイン取引が増加したのは2017年5月末頃からで、2カ月後の8月14日にはそれまでで最高のビットコインボリューム(出来高・売買されたビットコインの総額)を記録し、9月には取引シェア第3位にまで上昇、韓国国内最大の仮想通貨取引所である「ビットサム」の1日の取引量が2兆ウォン超え、コスダック(韓国証券取引所)の取引量をも超える勢いとなりました。(※データはCryptoCompareより)

 

取引の中心は一攫千金を目指す若者

 韓国での仮想通貨に対する熱狂は他国の想像を超えるものと言われています。なぜそこまで「ハマる」のか、仮想通貨取引に熱中する世代にそのヒントがあるかもしれません。
韓国の仮想通貨取引の中心は20~30代の若者です。

 韓国の通信社「聨合ニュース」は、韓国では若者がビジネスで成功するという将来を思い描くことが難しい状況にあり、一発逆転を狙える物として仮想通貨取引に熱中している、という記事を配信しました。つまり、韓国では仮想通貨が他の国よりも投機的なものであり、利益追求の側面が大きいということです。これは韓国の取引状況がビットコイン価格へ影響する理由でもあります。

 

韓国政府の仮想通貨への対応

 韓国政府はこの行き過ぎた投機熱を静観してはいませんでした。2017年9月にICO(Initial Coin Offering)を禁止、12月には国内の仮想通貨取引所の監視を強化すること、将来的には閉鎖措置も行う可能性があると発表し、中国に追随するような厳しい対応を示唆しました。

 しかし、韓国の投資家が行動を起こします。法案反対の請願書が青瓦台(韓国大統領官邸)に提出され、仮想通貨取引禁止法案を拒否するとした請願書には7万人以上の署名が集まりました。

 結果、韓国政府は規制強化ではなく法整備を整えるという方針を決め、財務大臣も正式に仮想通貨取引を禁止する計画はないと発表しました。

 これを受け現在行われている仮想通貨対策は、マネーロンダリング防止のため2018年1月30日より銀行で匿名の仮想口座開設禁止と、金洗浄利用の疑いのある取引とトレーダーについて当局へ報告の義務付け、未成年、外国人、金融機関が韓国国内の取引所で売買禁止措置となっています。

 仮想通貨の業界団体に対しては、2017年12月に業界自らが策定した「インサイダー取引や市場操作に関する条項を含む仮想通貨取引所の倫理規範」を遵守しているか、各取引所の調査を行うとしています。

 これらはすべて仮想通貨市場に透明性をもたらすことを目的としています。

 

仮想通貨市場における韓国の影響力

 2018年明けてすぐの韓国で仮想通貨取引所閉鎖の可能性というニュースは世界中の仮想通貨価格の下落を招きました。この事例から見ても、韓国は仮想通貨価格上昇をけん引する重要国と位置付けられています。

 また、ビットコインの取引シェアでは4位ですが、アルトコインの取引量が高いことも韓国の特徴です。リップルの取引シェアは約43%と、2位の米ドル20%をダブルスコアで上回っています。イーサリアム、ライトコインなどの取引量も高く、仮想通貨大国としての地位を築きつつあります。(※データはCryptoCompareより)

 韓国政府の対策によっては市場から姿を消してしまう恐れもあった韓国ですが、政府方針が規制から法整備、支援へと正反対に舵を切ったことで、市場での韓国の存在感は国民や投資家の仮想通貨への情熱も相まって、今後さらに増していくものと思われます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください世界シェア4位!若者がハマる韓国の仮想通貨事情

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

世界シェア4位!若者がハマる韓国の仮想通貨事情

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。