facebook twitter
米2月雇用統計 直前レポート:注目は労働賃金。株への影響は?
荒地 潤
今月の米国雇用統計
どうなる為替と世界経済!? 米国雇用統計発表前にその予測をお伝えします。

米2月雇用統計 直前レポート:注目は労働賃金。株への影響は?

2018/3/7
・世界同時株安のきっかけをつくった米雇用統計
・パウエルFRB議長は何を考える?
・2月の雇用統計の予想は?
・ドル/円の上値は限定的か
facebook twitter メールで送る 印刷

過去4カ月の推移と今回の予想値

 

 

世界同時株安のきっかけをつくった米雇用統計

 2月に勃発した世界株価の大暴落。その引き金を引いたのは2月5日に発表された1月の米雇用統計だったといってもよいでしょう。

 1月の米雇用統計は、失業率は4.1%で横ばいながら、NFP(非農業部門雇用者数)は+20万人と市場予想を上回る結果でした。しかしそれ以上に目を引いたのは、平均労働賃金が予想を上回る前月比0.3%上昇、前年比も2.9%の伸びとなって、さらに過去分も上方修正されたことでした。

 この結果を知ったカシュカリ・ミネアポリス連銀総裁は、「賃金がついに上がり始めるサインが見えた」と感嘆するとともに、「この傾向が続くならば、金利にも影響が出てくるだろう」と発言。ハト派(利上げ慎重派)で知られるカシュカリ氏が金利上昇の可能性について言及したことは重要で、これに反応した米長期金利が急上昇することになったのです。

 ところが、緩やかな金利上昇が続くだろうと高をくくっていたNY株式市場は大パニック。翌月曜日(5日)のダウ平均は1,500ドル以上の大暴落を記録しました。世界の株式市場が同時株安に見舞われるなかで、ドルが売られると同時に円が買われて、ドル/円は2016年11月以来となる105円台前半まで大きく円高が進みました。(3月5日時点)。

 

パウエルFRB議長は何を考える?

 パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長は、27日の議会証言で米国の経済成長に自信を示し、FRBが段階的な利上げを実施する方針を維持することを表明しました。ところがその2日後の議会証言では、「賃金上昇を示す強い証拠はまだみられない」と述べ、はやる相場に釘をさしています。たしかに、平均労働賃金の推移を見るかぎり、明確な上昇傾向は見られません。(グラフ1、2)

 

 FOMC(米連邦公開市場委員会)メンバーのなかでも、今年の利上げに関しては意見が分かれていて、3回の主張もあれば、それでは多すぎるとの意見も出ています。しかしながら、過去最大の下げ幅を記録したNY株式市場に対しては、「一過性である」との見解で一致しています。

 それはつまり、平均労働賃金にはっきりした上昇傾向を確認できるならば、株式市場の一時的な変動に必要以上に配慮することなく、FRBは着々と利上げを進めるこということです。したがって、今回2月の雇用統計では、NFP(非農業部門雇用者数)や失業率もそうですが、それ以上に平均労働賃金が大注目となるわけです。

 

 

2月の雇用統計の予想は?

 市場予想では、NFP(非農業部門雇用者数)が+20.5万人、失業率4.0%。しかし平均労働賃金は、前月比+0.2%に低下の予想です。(グラフ3)

 平均労働賃金が予想以上に強い結果となれば、年4回の利上げが可能性として再浮上してくるでしょう。少なくともマーケットはその前提で動き始めるはずです。

 

 

ドル/円の上値は限定的か

 ドル/円については、米金利上昇イコールドル高という、これまでの公式はもう通用しなくなりました。金利急上昇による株価下落リスクという新たなファクターが加わったからです。右目で株式市場を見ながら左目で米金利を追うという芸当をこなしつつ、ドル/円をトレードする必要があるでしょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください米2月雇用統計 直前レポート:注目は労働賃金。株への影響は?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

米2月雇用統計 直前レポート:注目は労働賃金。株への影響は?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。