お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
子育て世帯の負担を大幅軽減させる23のおトク制度
圦本 弘美
ママのための 資産運用はじめの一歩
株式会社FPフローリストのゆりもとひろみがお届けする、運用ビギナーのためのマネーコラムです。ジュニアNISAがスタートし、ママ達から運用の相談を受けることが多くなりました。「今さ…

子育て世帯の負担を大幅軽減させる23のおトク制度

2018/2/22
子育て世帯は喜びが多い半面、出費のお悩みも多いもの。今回は、子育て世帯の出費が大幅に抑えられる制度をなどをご紹介します。
facebook twitter メールで送る 印刷

今回は新米パパさんからのご相談にお答えいたします。

相談内容

 2017年末に子どもが生まれ、生活がガラリと変わりました。幸せとともに、大きな責任を感じていますが、妻はしばらく育児休業中となるため、児童手当をはじめ、手当てや控除など、使える国の制度をこの際、すべて利用したいと思っています。私たち家族が使える制度や手当てにはどんなものがありますか。(32歳・会社員・0歳児のパパ)

 

子育て世帯が使える制度はたくさんあります!

 お子さまのお誕生、おめでとうございます! 私からのお祝いとして、子育てファミリーが知っておきたい制度、補助金を一挙にご紹介します。それぞれ所得制限や条件がありますので、詳しくは自治体窓口などで確認くださいね。

子育て世帯を支えるうれしい制度

2018年1月の情報を元にFPフローリスト作成

 

子育て時期をおトクに過ごす3つの秘訣

 このように、使える制度はたくさんありますが、ゆりもと自身の子育て経験から、各種制度を使いこなすに当たっての作戦をお伝えいたします。

1.なるべく続けて産んだほうがいろいろおトク

 一般的に子どもが全員未就学児の場合、保育所の保育料が2子目半額、3子目は無料になります(小学3年生以下の子どもを含める自治体もあり)。

 共働き世帯の0歳児や1歳児は、一般的な収入の場合で3万~5万円の保育料がかかります。これが半額や無料になれば、家計は大助かりです。幼稚園でも同じような負担減制度が受けられますし、一部の私立学校や学習塾では「兄弟割引」が受けられます。兄弟(姉妹)がまとめて未就学児の期間、まとめて同じ塾に通塾する期間が割引チャンスですから、子どもたちの年齢が離れないほうが、長い期間割引を受けられるという計算になります。2人目や3人目が欲しいなあと思っていらっしゃるなら、ぜひ研究してみてください。

2.ママ友(パパ友)をつくって口コミ情報をGET!

 今、お読みいただいているのはネットですが、ネット情報には限界があります。内容が古かったり、おトクに見えても手続きが大変で、実際に利用するのは現実的ではなかったり。それに比べて、同じように育児に奮闘しているママたちの、ナマの声ほど参考になるものはありません。

 保育園や幼稚園内の雰囲気がどうか、子連れでイヤな顔をされずにランチが楽しめるお店、誰でも参加できる幼稚園のお祭りなどは貴重な情報です。また、夜泣きを減らす方法やお手軽離乳食のつくり方など、生きたコツを知れると、明日からの育児に立ち向かう元気が沸いてきます。

 わが家では娘が小学生のとき、ご近所で毎週水曜日だけお家を開放して、子どもたちを自由に遊ばせてくれるお家がありました。知る人ぞ知るという感じですが、とても楽しかったようで、娘は毎週欠かさず遊びにいきました。こういった地域、ご近所情報は口コミでしか出合えません。ぜひ、積極的にママ友(パパ友)をつくって、おトクで豊かな育児をしてほしいと思います。

3.ライフプランを考えて人生トータルでのおトクに取り組む

 幼稚園ママや保育園ママの相談でよく聞くのが、「今の市町村の制度がとてもよいので、引っ越すとしてもエリアを変えたくない」という話です。

 でも、「今おトクだから」というだけではなく、もう少し先までセンサーを働かせてみることをおすすめします。たとえば、乳幼児医療費助成に関しては、「未就学の間だけ」「小学生まで」「中学生まで」と市町村によって、ばらつきがあります。中学校に給食が有無も、働くママにとっては重要な要素です。

 この先、お家を買うか、賃貸でいくか、または住み替えでエリアを変えるべきかなどは、家計と暮らしに大きな影響を及ぼす重大決断です。子育て世帯の場合、「フラット35」の金利が優遇される自治体もあるため、考慮してみましょう。

 また、10年以上先に使うお金は資産運用で増やすこともアリですので、ジュニア「NISA」などの活用も検討してみましょう。

 ただし、教育資金は大きなリスクを取りづらいため、積立投資をするか、バランス型ファンドの活用をおすすめします。

 子育てが終わるまでの約20年間は、人生の中で一番忙しいけれど、一番充実しているときなのかもしれません。

 制度利用でしっかりトクして子育てライフを楽しめるよう、家計のこと、貯蓄のこと、住む場所や暮らし方について考えていただければ幸いです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください子育て世帯の負担を大幅軽減させる23のおトク制度

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

子育て世帯の負担を大幅軽減させる23のおトク制度

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。