facebook twitter
ジリジリ進む不気味な円高。どこまで続く? 
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

ジリジリ進む不気味な円高。どこまで続く? 

2018/1/25
・なぜ今、円高か?
・ドル/円を動かす3大要素、一番重要なのは「日米金利差」
・日米金利差(2年金利)で動く、ドル/円為替レート
・近年、政治が為替を動かす重要な要因となりつつある
・トランプ大統領の発言には要注意
facebook twitter メールで送る 印刷

なぜ今、円高か?

 24日、ニューヨーク市場で、一時1ドル109.11円まで円高が進みました。それを受けて、今日の日経平均株価は、続落して始まる見込みです。 

 そして、米国の中央銀行であるFRB(米連邦準備制度理事会)が利上げを続ける中、日銀は長期金利をゼロに固定したままです。このように日米金利差が拡大する一方、今なぜ、円高(ドル安)が進むのでしょうか?

 本日は、ドル/円の動きを、分析します。

ドル/円を動かす3大要素、一番重要なのは「日米金利差」

 為替を動かす要因は無数にありますが、今ホットな話題で重要度の高いものに絞れば、3つあります。

●日米金利差

ドル金利が上昇し、日米金利差が拡大すると、円安(ドル高)になります。
ドル金利が低下し、日米金利差が縮小すると、円高(ドル安)になります。

●政治不安

世界に政治不安が広がると、安全資産として円が買われ、円高(ドル安)となります。
政治不安が解消し、政治が安定すると、円が売られ、円安(ドル高)となります。

●政治圧力

米国政府筋から、円安を非難する発言が増えると、円高(ドル安)が進みます。
米国政府が、円安を容認している間は、円安(ドル高)が進みやすくなります。

 中でも一番重要なのが、日米金利差です。FRBは、利上げを続け、金融引き締めを継続しています。一方、日銀は、異次元緩和を長期的に継続する方針です。日米中央銀行の言っていることをそのまま素直に受け止めれば、ドル金利はさらに上がり、日米金利差は拡大、円安(ドル高)が進むことになります。

 

日米金利差(2年金利)で動く、ドル/円為替レート

 それでは、過去10年間、2年金利で見た日米金利差と、ドル/円為替レートがどのように動いてきたかを見てみましょう。

 まず日米金利差ですが、次のようになっています。

日米の2年金利(残存2年の国債利回り)と日米金利差推移:2008年1月~2018年1月24日

 注:楽天証券経済研究所が作成

 次に、ドル/円の動きと日米金利差を比較します。

ドル/円為替レートと、日米2年債利回りの差:2008年1月~2018年1月24日

注:楽天証券経済研究所が作成

 過去10年を見ると、おおむね日米金利差と、ドル/円は連動していることがわかります。ただ厳密に言うと、以下のように、細かい相違があります。

●2008~2011年

日米金利差の縮小に従って、円高(ドル安)が進みました。

●2012~2015年

日米金利差が少ししか拡大していないのに、大幅な円安が進みました。2年金利の差では説明できないほど、円安の進行が大きかったということです。

●2016~2017年

日米金利差が拡大する中で、円高が進みました。行き過ぎた円安に修正が起こったと見ることもできます。ただし、この調整により、日米金利差から見て、ドル/円は、適正値に近づいてきたと見ることもできます。

 2008年、金利差1.5%のころ、1ドル100~105円でした。今、金利差が2.2%で、1ドル109円台です。ドル/円が2年金利差で説明しやすい水準と言えます。

 

近年、政治が為替を動かす重要な要因となりつつある

 アベノミクス開始以来、ドル/円は政治要因に振り回されるようになっています。ごく大雑把にドル/円に与えた政治要因を振り返ると、次のとおりです。

政治要因に振り回されるドル/円為替レート:2013年1月~2018年1月24日

出所:ISM(全米供給管理協会)
注:楽天証券経済研究所が作成

 

為替は今後、円高・円安どちらへ進むか

 それでは、為替が今後、円高・円安どちらへ進むか、2つのシナリオが考えられます。

●円安シナリオ

FRBが利上げを続ける中、日銀が金融緩和の維持を続けると、日米金利差はさらに拡大します。そこで、円安が進みます。ただし、トランプ米大統領が、円安を非難する発言をし始めると、円安は進みにくくなります。

●円高シナリオ

米景気が減速、FRBは利上げを継続できなくなると、日米金利差がひらかなくなり、円高が進みます。世界の政治不安がどんどん深刻化し、世界的に株安が起こると、「安全資産」として円が買われやすくなります。

 

 私は、世界景気が好調で、世界的な株高が続く間は、円高トレンドが出ることはないと考えています。今、一時的に円高が進んでいますが、次の米利上げが視野に入るころには、円安に戻すと見ています。

 

 将来、世界景気が悪化して、世界的な株安が起こるときに、円高に転じると考えていますが、それは今ではなく、まだかなり先と考えています。

 

トランプ大統領の発言には要注意

 米国から円安を問題視する声が出始めると、円高が進みやすくなるので、要注意です。トランプ大統領は、米国の製造業景況が悪化すると、円安を批判し始めると考えられます。今は米国の製造業の景況が絶好調なので、円安を問題視していません。 

米ISM製造業景況指数:2014年1月~2017年12月

出所:ISM(全米供給管理協会)

 米国の製造業の景況が悪かった2015~2016年、トランプ氏は大統領選挙を戦う中、強く円安を批判していました。ところが、大統領となった後、製造業の景況改善とともに、円安を批判しなくなっています。

▼もっと読む!著者おすすめのバックナンバー3

2018年1月24日:円ショートやや減少。円高調整に備える?最新IMMレポート分析(デイリー為替情報)

2018年1月23日:今、最も注目の中央銀行!日銀とECBが政策会合。この指標を見逃すな!!~今週は政策金利&GDPウィーク!(デイリー為替情報)

2017年12月27日:2017年【10大ニュース】と【相場に影響を与えたニュース】(ハッサクのなるほど為替超入門)

他の新着オススメ連載

今日のマーケット・キーワード:混迷するドイツ『連立協議』の進捗に光

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいジリジリ進む不気味な円高。どこまで続く? 

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ジリジリ進む不気味な円高。どこまで続く? 

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。