お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
高水準の『工作機械受注』は続くか?
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

高水準の『工作機械受注』は続くか?

2018/1/12
・11月の『工作機械受注』は過去最高を更新
・受注は景気と連動
・『工作機械受注』は高水準が当面続く見通し
facebook twitter 印刷する

<今日のキーワード>

 工作機械は「機械を作る機械」であり、工作機械の性能の優劣が、生み出される機械の性能の優劣を、ひいては最終製品の競争力を大きく左右します。このため工作機械は産業全体にとって重要です。日本には高い技術力を持つ有力企業が多数存在し、世界的な設備投資の回復に伴い『工作機械受注』は輸出を中心に回復しています。2017年の受注は過去最高を更新する見通しで、今後も好調が続くかが注目されます。

 

【ポイント1】11月の『工作機械受注』は過去最高を更新

年間でも過去最高を更新の見通し

■『工作機械受注』は1,000億円が好不況の目安とされます。11月は1,585億円となり単月として過去最高を更新しました。内需が前年同月比+20.8%、外需が同+65.4%となりました。特にアジア向けは同+147.2%の大幅増で、中国の電子機器の受託生産サービス向けなどが牽引しました。

■年初来の『工作機械受注』は、11月までの合計で1兆4,797億円となりました。2017年の年間では、2007年に記録した過去最高の1兆5,900億円を更新する可能性が濃厚になりました。

 

【ポイント2】受注は景気と連動

今回の受注増は用途拡大などが要因

 

■工作機械は、景気循環に伴う受注の変動が激しく、リーマン・ショック後の2009年には受注が前年比3分の1以下に減少しました。また工作機械業界は企業数が多いため競争が激しく、収益は変動が大きくなる傾向があります。

■今回の受注増は景気要因に加えて、中国などでの人手不足や賃金の上昇に伴う自動化投資の拡大や、微細な加工が必要な電気自動車、有機ELなどへの用途の拡大などにより、高性能な日本製へのニーズが強まったことが背景と見られます。

 

【今後の展開】『工作機械受注』は高水準が当面続く見通し

■『工作機械受注』の景気循環による変動は今後も避けられませんが、人手不足が構造要因になっている一方、求められる加工精度は年々増しており、高機能な日本製工作機械への強い需要は当面続きそうです。

■工作機械の株価は、景気との連動性が極めて高く、受注のボトム圏で上昇に転じ、受注が回復すると将来の受注減を想定して下落に転じるという、典型的な景気循環株の動きをする傾向があります。現状は構造要因に根差した需要増と単価の高い高機能機種への需要シフトが起こっており、業績と景気との連動性が低下すると見られます。このため、今後は徐々に株価の景気循環色は薄れていくと考えられます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください高水準の『工作機械受注』は続くか?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

高水準の『工作機械受注』は続くか?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 
フレッシャーズ
 

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。