お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国インターネット・セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国インターネット・セクター

2017/3/27
BOCIは中国のインターネット・セクターについて、2017年も引き続きデータテクノロジーが焦点になるとみている。
facebook twitter 印刷する

3月27日
17年上期の主力ゲームや下期のIPOが焦点、引き続き大手4社“WANT”が有力

BOCIは中国のインターネット・セクターについて、2017年も引き続きデータテクノロジーが焦点になるとみている。17年上期にまず注目されるのは、テンセント・ホールディングス(00700)のオンラインゲーム「王者栄耀」(Honor of Kings)の好調。さらに4-6月には収益成長期待から再び、ネット銘柄が市場の注目を集めると予想。下期に関しては、複数のネット関連企業によるIPOがハイライトとなる見通しを示した。17年のトップピック銘柄は引き続き“WANT”。米ナスダック上場の新浪微博(米証券コードWB US)、NY証取上場のアリババグループ(BABA US)、ナスダック上場の網易(NTES US)、香港上場企業テンセントの4社を指す。

中国ネット企業の16年10-12月期決算は総じて堅調で、関連銘柄の90%以上が市場の予想通り、あるいは予想を上回る利益を確保。多くが17年1-3月期に関しても期待通りの業績見通しを示した。1-3月期の業績見通しがポジティブサプライズとなったのは、陌陌科技(MOMO US)、YY(YY US)というナスダック上場2社で、YYの好調はライブ動画配信プラットフォーム「虎牙」(Huya)の100%を超える急成長が背景。一方、捜狐(SOHU US)と畅游(CYOU US)の1-3月期見通しは予想を下回った。

ゲーム部門では、「王者栄耀」「陰陽師」というテンセント、網易の旗艦タイトルが旧正月期間中にそろって好調。うち「王者栄耀」の1-2月のデイリーアクティブユーザー(DAU)の伸びは16年10-12月期からさらに加速。BOCIの推計によれば、「王者栄耀」の2月の総取引高は月額25億元と、12月の21億元を上回ったという。また、網易の「陰陽師」は3月16日に実施したコンテンツのアップグレードが寄与し、中国でiOS版の収入ランキングが上昇。また、日本でも2月後半に投入した後、3月17日、20日には16位という過去最高のランキングを記録した。

一方、ネットセクターでは1-3月に経営人事の刷新が相次いだ。百度(BIDU US)ではチーフサイエンティスト辞任に伴い、王海峰副社長が同職に就任。また、テンセントは新たに、オンライン広告、グローバル・マーケティング、ブランディングを統括する会長職に劉勝義上級副社長を指名。任宇昕氏をオンラインメディアグループ(OMG)の社長職に指名した。BOCIはこれを受け、広告ターゲティング技術の向上を背景に、テンセントのニュースアプリ、オンライン動画事業がさらに強化されるとみている。

BOCIは引き続き“WANT”をトップピックとした。ソーシャル広告が成長初期段階を迎えたことや、大手が展開する主要モバイルゲームの好調が理由。17年にはIT技術を使った新たな金融サービス「フィンテック」(Fintech)が焦点となる見通しを示した。テンセントに関しては1日当たりのモバイル決済が6億元を超えた点に注目。このモバイル決済の拡大がモバイルゲームや広告収入に続く、新たな増収要因になるとみている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国インターネット・セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国インターネット・セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 
フレッシャーズ
 

 

 


 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。