人気投資ブロガーである「むらやん」さんは、12年超の株投資歴をもつデイトレーダー。2005年4月から投資生活をスタートしましたが、当初は株投資の知識はまったくのゼロ。それでも数年後には500万円を元手に1億9,000万円を超す資産を形成しました。そんなむらやんさんに、株式投資のきっかけからピンチ脱出法までインタビューしました。

 

「お祈り投資法」で一気に250万円投入!

 25歳のとき、知人と2人で起業したむらやんさん。その会社の顧問として来てもらっていた方にある日、「ライブドアの株で1億円儲かったよ」という話を聞きます。

「1億円」と聞き、「株は儲かる」と漠然と考えたむらやんさんは、すぐにネット証券に口座開設して、とりあえず500万円もの大金を入れたと言います。

「しかし当時は忙しすぎて、株の情報をチェックするどころか、口座にログインする暇もなく、完全放置でした」(むらやんさん)

 その後しばらくして、立ち上げた会社を解散することになったとき、ふと「ライブドア株で1億円儲かった」という話が頭に浮かんできたそう。むらやんさんは、すぐにどうすれば株が買えるのか調べて、初歩の初歩から手探りではじめたのです。

 そして、いよいよどの株を買おうかと情報を調べたとき、東証一部の前日値下がりランキング銘柄の中に、唯一知っていた企業、イトーヨーカドー(現・セブン&アイホールディングス)があったそうです。

「有名な企業だから、また値上がりするに違いないと、人生はじめての取引で一気に250万円を突っ込みました」(むらやんさん)

 しかし、買ってしまってから売り方がわからず大慌て。なんとか調べて約定し、2,500円の利益を得ますが、その間、たったの1分ほど。1分で2,500円も儲けることができる世界に興奮したそうです。

 とはいえ、最初に250万円も突っ込んだわりには、その後に買った銘柄の値が少しでも動くと、恐怖心からすぐに売っていたというむらやんさん。加えて誰もが知っている企業じゃなければと思い込み、結局動かない銘柄ばかりを買ってしまい、1カ月間の収支はプラス1万~2万円ほど。生活費も出ないありさまだったそうです。

 

狙う銘柄に変化が

 ちょうどその頃、「俺も株やってるよ」という友人に話を向けると、「今日は15分で20万円くらい損した!」と聞き、びっくりしたむらやんさん。どんな株を買っているのかと聞くと、「値動きがある株を狙っている」と。この辺からむらやんさんは「知っている株」から「よく動く株」にシフトしていきました。

「とにかく値動きが激しい銘柄を探していき、よく動く株は1日でプラス10万円になっていて。この値動きに完全に魅了されましたね」とむらやんさん。しかし、むらやんさんに悲劇が襲います。

「スタートから3カ月くらい経ったときでした。値動きの激しいある銘柄を昼前に買ったのですが、お昼休みに入った途端、業績の下方修正が発表されたのです。僕はそんなことも知らずにランチ休憩中。そして昼があけると、真っ逆さまに下がり続けました。それこそ心臓をえぐられるような感覚を味わいましたね。あっという間に含み損は40万~50万円くらいになってしまい、恐ろしくて15時手前で売りました。さっきまで1万~2万円の利益で一喜一憂していたのに、50万円って。『これは絶対取り返せないヤツや~』と、さすがにショックでした」(むらやんさん)