facebook twitter
マカオカジノ・セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

マカオカジノ・セクター

2015/4/1
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします
facebook twitter メールで送る 印刷

4月1日
3月のカジノ総収入は39%減、中国の“富の創出”によるプラス効果に期待

マカオの3月のカジノ総収入は前年同期比39.4%減と、市場コンセンサス予想(同35-40%減)の範囲内だった。旧正月要因による2月の低迷から立ち直るだけの支援材料に欠けたことになり、カジノ市場のファンダメンタルズの後退を伺わせた。BOCIは2015年通年のカジノ収入見通しの下方修正に先立ち、カジノ銘柄が3月前半に各15-30%大きく調整したことに言及。下方修正要因はすでに織り込まれたとみている。また、中国本土における新たな“富の創造”がこの先カジノセクターを支えると予想。セクター全体に対して中立見通しを示し、個別では短期視点から、銀河娯楽集団(00027)とメルコ・クラウンを選好している。

3月のカジノ総収入は前年同期比39.4%減の215億パタカ(1パタカ=約0.94HKドル=約14.7円)。うちVIPカジノ収入はジャンケット(VIP仲介人)の資金ひっ迫やVIP向け貸付金の焦げ付きの増加を受け、引き続き低迷した。BOCIはVIPカジノ収入について、前年比50%前後の急減ペースが続くとみている。一方、一般客カジノ収入の減少率に関しては同30%程度を予想している。

BOCIは現行トレンドを基に、月別のカジノ総収入のマイナス成長が2016年第1四半期まで続くとの見方。15年通年のカジノ総収入に関しては前年比24%減の2650億パタカを見込んでいる(「前年比7%減」から下方修正)。15年半ばには、銀河娯楽が『ギャラクシー・マカオ』2期と『ブロードウェイ・マカオ』を開業する予定だが、BOCIは新規施設のオープンが市場全体の回復を促す可能性には否定的。他社からシェアを奪う形で、銀河娯楽のシェアが拡大するとみている。

一方、BOCIはセクター全体の支援材料として、中国国内での富の創出を指摘している。現政権の誕生から2年を経て、中国はすでに新たな富の創出サイクルを迎えた可能性があるという。中国政府は反汚職政策を浸透させる一方、社会全体の経済的利益の拡大に目を向けた政策を進めていると指摘。その結果としてのA株市場の活況がリターンの拡大に寄与しているとした。また、こうした状況がカジノ業界の変化に向けた基盤作りを後押しすると予想。今後は一般客カジノ部門や非カジノ部門がマカオの需要増を支える見通しを示し、中長期のカジノ銘柄の収益性回復を予想している。

カジノ銘柄の株価は利益見通しの大幅減額修正を背景に3月に調整したが、BOCIは現在株価の低バリュエーションを指摘しながらも、短期的には支援材料に欠けるとの見方。個別では銀河娯楽とメルコ・クラウンを選好し、他にサンズ・チャイナ(01928)の株価の先行きに対しても強気見通しを示した。一方、エムジーエム・チャイナ(02282)、ウィン・マカオ(01128)、エスジェイエム・ホールディングス(00880)に関しては相対的な競争力の低下を見込み、当面、低バリュエーションが続くとみている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいマカオカジノ・セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

マカオカジノ・セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。