お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国通信セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国通信セクター

2011/6/27
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。
facebook twitter メールで送る 印刷

6月20日 「オーバーウエート」
5月の業務統計:チャイナ・テレコムの3G契約が好調、純増数のシェアを拡大

通信キャリア3社の5月の業務統計が出そろった。第3世代携帯電話(3G)加入者純増数は合計で前月比9%増の620万件。中でもチャイナ・テレコム(00728)は前月比25%増の183万件を記録し、チャイナ・ユニコム(00762)の173万8000件(同4%減)を上回った。一方、最大手のチャイナ・モバイル(00941)の純増数は同9.5%増の261万6000件。3社の5月の3G純増シェアはモバイルが42.3%(前月比0.2ポイント増)、テレコムが29.6%(同3.7ポイント増)、ユニコムが28.1%(同3.9ポイント減)だった。

2Gを含めた5月の加入者総純増数は合計で前月比6.5%減の994万4000件。内訳はモバイルが同5.4%減の502万件、ユニコムが同6.1%減の232万4000件、テレコムが8.8%減の260万件。純増シェアはモバイルが50.5%を占め、ユニコムが23.4%、テレコムが26.1%だった。

テレコムの5月の3G加入者純増数は同社全体の純増数の70%を占め、3月の42%、4月の52%を大幅に上回った。EV-DO方式の低価格スマートフォン投入で3G契約が拡大したとみられる。11年1-3月期の全体のARPU(加入者1人当たりの月間収入)が50元なのに対し、3G加入者のARPUは80元程度と試算され、3G契約の増加が7-9月期以降のARPU上昇につながるとみられる。さらに、iPhone販売に向け米アップルとの契約締結といったポジティブなニュースが今後テレコムの株価を押し上げる可能性があるとBOCIはみて、同社をトップピックとして推奨している。

一方、ユニコムの1-5月の3G加入者純増数は738万件。通年目標の2500万件を達成するには今後毎月250万件以上の加入者純増が必要となる。1-5月の月間平均純増数171万件を70%上回る契約を獲得するには、低価格のスマートフォンの投入と積極的なプロモーションが求められる。BOCIはユニコムの株価見通しに対して慎重な見方を継続。市場は3Gサービス主導による収益の回復を期待しているが、BOCIはこれを非現実的とみている。

チャイナ・モバイルについては利益の伸び悩みが見込まれるものの、配当利回りと過去の実績により、不安定な市場における安定銘柄として人気が高まるとBOCIは判断。強気の株価見通しを維持している。

 

 

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国通信セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国通信セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 
フレッシャーズ
 

 
タイムトリップ
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。